スニーカーに関する情報
ぎゃ坊の日常 2017.04.04 (火)
ぎゃ坊の学生宿舎生活のその後。

4月1.2日の土日、同居人はまったく増えなかったようだ。
マジか。
こうなると、そもそもぎゃ坊のユニットに他に誰か入る予定はあるのか?という疑惑が持ち上がる。

この新築宿舎、大学側の思惑から大きく外れて入居希望者がかなり少なかったようだから
1つのユニットで2.3人ってこともあり得る。
ぎゃ坊も気にはなっているようだが、「何人入るかなんて分からない」
そこで考えることも行動することも止まっている。
気になるなら聞けばいいのに。
「管理棟の人に聞いてみぃ。
入居者の個人情報は教えてくれないだろうけど、
同じユニットに今後誰か入る予定はあるのかくらい、教えてくれるでしょ」

と言うと、「ああ、そうか!その発想は無かっただと。
平成の指示待ち妖怪・どうしたろうかしゃん かよ。
どうしたろうかしゃん
↑コントで見るのは好きだけど息子がコレだとガックリだ

入ってくる人がいるならその人を待ってればいいけど、
いないなら今の韓国人留学生と二人でやってくしかないんだから、
早めに色々と生活面の話し合いをしなさいよ
 
と、指示を出したっす。
お互い部屋に籠ってるか外出するかで、まだほとんど話をしていない…どころか
顔を合わすこともほとんどないらしい。

管理棟の人に聞いたところ、あと一人入る予定だそうだ。
やっぱり6人部屋満員になる事は無いのね。
まぁ、それならそれで、むしろ気が楽じゃないか?
あと一人がどんな人かにもよるけど…。
この時点でまだ来てないってことは、また留学生ってことは無いと思うが
入学式は6日で、それに先駆けて5日(明日)には新歓イベント(参加自由)もあるから
それまでには入るだろうと思ってたが、ずいぶんのんびりさんだわね。


そして私のぎゃ坊ロスは、2日くらいで収束しました(笑)
そんなこんなの事で気を揉むことは多いけどね
ぎゃ坊の日常 2017.03.30 (木)
承前

同居者6人のうち、一人すでに入居している模様。←24日から入居可能
外出しているらしく、姿は見えなかったけど。
キッチンではもう調理器具だの炊飯器だの食器だの揃ってて、
冷蔵庫もそれなりの食材が入ってた。
なんと、大袋入りの鰹節とか煮干しなんかもあって、
「おわっ ちゃんと出汁をとる人!? 私より主婦力あるわー」
とビックリしたっす。←私は顆粒出汁ですませる人
もっとも、私の主婦力なんか2程度(10段階で)のヤバさだけどさ
洗面所には赤いドライヤーも置いてあって、なかなかオシャレさん?
ぎゃ坊はドライヤーなんか使った事ねぇわ。←短髪だし、シャレッ気も皆無

個室の中はこんな感じ。
部屋1 部屋2 部屋3
ドア入ってすぐ左側にクローゼット。
その奥に引き出し収納付きのベッド←ニトリだった(笑)、
更にその奥に机がある。机の上にも収納棚あり。
部屋は7帖ちょっとはあるはずだけど、そんなに広く感じないわ。←細長いから?
昔の私の実家の6畳和室の方が広かった気がする。

共用スペースのラウンジ(ダイニング)の窓用に
我が家が建て替え前に使っていたカーテンを持ってきて取り付けてきた。
ただ、ウサギ柄で可愛いので、
(ウサギさんは、ミッフィー系でもマイメロ系でもバックスバニー系でもなく、
強いて言うならピーターラビット系?)
オタク系男子学生6人で使うには抵抗あるかと思い
「不要なら取り外してください」のメモを残して。
カーテンかくれんぼ
↑古いピクチャーファイルを見てみたら、
そのカーテンでかくれんぼしてるぎゃ坊2才5か月の動画があったので
スクショしてみた。

一通り、荷物の搬入と片付けが終わったのが14:30頃。
それから3人で車に乗り帰路に…と出発して1.2分後に
ぎゃ坊が「部屋の鍵をかけてないかも」と言い出し、
旦那の機嫌を気にして「どっちでもいいけど…でも戻れるなら戻ってほしい」
とちょっと及び腰だった。
貴重品は置いてきてないけど、やっぱり何かあったら…と気持ちはよくないので
戻ることに。
戻ろうとしても道がよく分からない上に一方通行だったり混雑してたりで、
ぐるぐる回って20分くらい時間をロスしたわ。

そういえば数日前に、ぎゃ坊が引っ越しには私も来るのか?と聞くので
「そのつもりだけど。行かなくていいなら、行かないけど?」
「いや、来てください。お願いします。
あの父親がイライラして不機嫌になって文句を言う未来しか見えない。
そんなのと二人だけってキツイわー」

「でしょー?www
作業自体は、私がいなくても正直何とかなると思うけど、
ぎゃ坊がお父さんと二人で作業するのは嫌だろうな、と
私も思ってたのさ」

という母と息子の会話があったことを父は知らない

16:15頃には自宅に到着。←行きも帰りも首都高が比較的順調で1時間20分くらい
帰宅してすぐに近所のコミセンまで県知事選挙の投票に行った。
選挙権が去年から18歳~になって、初めての選挙だ。
18時頃に夕飯(パスタ&ピザ)に行き、あーやれやれって感じ。

ぽよんは1泊でショートステイをお願いしたかったけど、
春休みだからか部屋に空きがないとの事…。
でも日中一時預かりで夕飯後までOKと言ってもらえて、
朝9時から夜8時までお願いした。
夜、迎えに行ったらお風呂まで済ませてくれてて助かったわ。


さて。
ぎゃ坊本人は今日から入居。
引っ越し荷物で入れ忘れた冬用毛布をボストンバッグに詰め込んで
他の細々した荷物もリュックやトートバッグに入れて、
生協の新歓イベント(10時~12時・500円で昼食付)に間に合うように、
朝7時過ぎ頃に家を出た。
荷物が多かったので駅までは車で送った。
車から降りて駅に向かう後ろ姿…
独り立ちして颯爽と旅立つ姿とは程遠く、
大荷物かかえてひょっこらひょっこらヨタつきながら歩く姿に
「うわぁ、なんかあのひょっこら歩き、旦那にそっくり」とガックリきたわ。


ずっとバタバタしてて目が回りそうだったけど、
解放されてホッとするような、気が抜けて寂しくなるような…。
でも時間が経つにつれて、じわじわと寂しさが増してきてるわ。
今日は支援学校の離任式もあったので、
9時過ぎに学校に向かっている途中で何だか色々込み上げてじんわりと泣けてきた。
今朝のぎゃ坊の後ろ姿を思い出し、
小さい頃のヨタヨタ歩く後ろ姿とオーバーラップしてしまい、
あのガックリなひょっこら歩きすら、感動の後ろ姿にすり替えられそうな勢いだ。
↑早くも思い出補正がすげぇ
今日の夕飯の買い物、どうしよう と考えるにつけ、
「そういえば、もうぎゃ坊の好物とか考えなくていいんだなぁ。
むしろ、何を買って行ったらいいか、分からない…」と、またじんわり。(ノ_<。)

小さい頃は マジ勘弁 いっそいなくなってくれ
とまで思ったくらい扱いにくい子だったが…。←今でも扱いにくいが
しばらくぎゃ坊ロスが続きそうっす。

ま、来月には歯医者(矯正)があるんで1泊で帰ってくるけどね
ぎゃ坊の日常 2017.03.29 (水)
書いてるうちに、例によってすげぇ長くなったので
前後編でお送りします

26日日曜日、朝から地味にしとしと雨
こんな日にぎゃ坊の荷物だけ引っ越ししました。←雨男の本領発揮か

引っ越し業者への事前アンケートから日時を指定され、
うちは第2希望の26日午後(12:30~16:30)の枠。
第1希望は午前(8:30~12:30)だったんだが。

ぎゃ坊は一足先に午前中から電車で行っていて、鍵の受け渡しを済ませ、
大学内で教科書の先行販売と、学友会かなんかのイベント?相談会?に行くとか言ってた。

この春からの一斉入居ということで、引っ越し日が割り振られているわけだが、
日曜だし、けっこう混み合ってるのかと思っていたんだが…。
ほぼガラガラでした。
事前の説明会でも、混乱回避のため割り振られた時間厳守とか言われていて、
12時ちょい過ぎに到着してしまい、30分も前で大丈夫かなー、入れてもらえるかなー
と心配したけど、何の問題もなく入れた。
つか、アー●引越しセンターの人が仕切って誘導等するという話だったのに
そんな人も全くいなかった
正式な契約発動日が4/1(土)なので、
その来週土日がかなりの混雑が予想されるとは言ってたけど、
今回の週末だってそこそこ混むかと思ってたんだが。

駐車場に停まっている車は数台だけ、
その中で引っ越し作業しているのは1.2組の親子のみ。
他、アー●引越しセンターの人が1件の作業をしていた。
しかも、それら皆、個室棟への入居者だった。
ユニット棟への引っ越しはうちだけ。
ちなみに、駐車場があるのは個室棟のすぐ真横で、
そこから管理棟を挟んでユニット棟までは70~80mくらい、雨の中荷物運びだ。
ユニット棟側にも駐車場作ってほしかった…。
荷物の搬入が済んだら、車はとっとと他のコインパーキングとかに移動させろと聞いてたけど
そんな必要もないくらいガラガラなので、そのまま停めっぱなしでいいやね。
↑けっこう念入りにパーキング情報の下調べしてたんだけど

到着後、電話でぎゃ坊を呼び出し、
↑まだ大学(○○街道を挟んでほぼ向かい側)で、
 鍵は受け取ったけど部屋には行ってないという
旦那は車中待機、私が管理棟前でウロついてたらぎゃ坊が通りかかったので、
まず購入した教科書を部屋に置きに行き、
↑エントランスの入り方で早速つまづいたが、管理棟の人に教えてもらって無事に入れた
それからいよいよ荷物運び。
荷物はざっとこんな感じ。←車のセカンドシートとサードシートを倒して詰め込んだ
引越し荷物1 引越し荷物2 引越し荷物3
運転席側から   と   スライドドア側から   と  後ろ側から

私は車で荷物の引き渡し、旦那が車→エントランス、ぎゃ坊がエントランス→部屋
と流れ作業。
この学生宿舎は5階建てだけどぎゃ坊の部屋は1階なので、
防犯面とかは不安はあるけど、引っ越し作業としては楽だったわ。
ぎゃ坊のユニットも建物のエントランスからけっこう奥の方の位置で、
さらにユニット内でも玄関入ってから一番奥の端っこがぎゃ坊の個室。
なかなか面倒な道のりだ。
ユニットとか言ってるけど、要するにイメージとしては
5階建てマンションの、それぞれの間取りが6DKの物件のシェアハウスと思ってくれればいい。

後編に続く…
ブラックボックス 2017.03.26 (日)
今日はぎゃ坊の引っ越し(荷物のみ)だった。
しかし、それは後日書くとして…。


旦那が金曜の残業の時に、課長から説教食らったとかで
帰宅後にぶーぶー言ってたわ。
車で帰ってきながら、なんでそこまで言われなきゃならないんだと
だんだんムカムカしてきて、あー気分悪りぃ と。

旦那が課長から言われたというのは…

いつも何かっつーとぐだぐた文句ばっかり言ってんじゃねぇ。
お前が喋るとまわりの皆も不愉快になる。
その場の空気を察しろ。
お前には敢えて仕事を回さないようにしてたんだ、だからヒマだっただろう?


てな事だってさ。
これらは旦那からの又聞きなので、口調も旦那からの言い分の通りなんだけど、
被害妄想で脚色されてる部分もあるんだろうと思う。
特に最後の部分に関しては
「要するにお前の事が気に入らないから干してたって事か?パワハラじゃん
しかも余計な仕事も色々させられてたし、フォローもされてねぇし。ふざけんな」
なんて事も言ってたわ。

おそらく、課長も部下への注意の仕方ってのは気を使うだろう。
旦那が言ってる通りの言い方はしてないと思う。
私なりに課長の言ったであろう言葉を想像してみた。

君は何かと不満や文句を言うことが多い。
文句を聞かされる人も嫌な気分になる。
そのせいで周りの空気もギスギスして重くなるんだ。
君があんまりイライラしないようになるべく余計な仕事は回さないようにしてたから
それほど忙しくて大変だったということはなかっただろう?


的なことと推察する。

でもまぁ、概ね旦那の意訳は正しい。
そして、むしろ私は課長の味方
課長さんが言いたい事はよく分かる。
つーか、よくも今まで言わずにいたもんだと思うわ。
課長さん自身がよっぽど腹に据えかねて苦言を呈したのか、
あるいはもしかしたら「あの人、何とかしてください」と
課内の他の人から陳情を受けてのことなのか。
どっちもありそうだが、
まぁいずれにしても、きっと皆から煙たがられて嫌われてるんだろう
奴本人が他の人達を能無しだとかガラが悪い奴らとか言って
見下して嫌ってるのが伝わって、ブーメランになってるんだろう。

『円滑な社内交流のイロハ』的な事もハナにも引っかけないので
ただの飲み会・親睦会はまだいいとしても、
この時期の送別会なんてのまでもブッチする。
↑あんな奴らと飲み食いしたくない と
酒がそもそも嫌いだし、酒を飲む奴も嫌いだし。

こういう奴が同じ職場にいたら、私だって嫌だわ
あ、てゆーか、
こういう奴が同じ家庭にいるんだから最悪じゃん、私


しかし、これでまたメンタルにトゲが刺さって
暗黒オーラの再発にならなきゃいいけど…。
明日の週明けからの年度末、そして来週からの新年度、
無事に過ぎてくれるといいんだがねぇ。
ぽよんの発達遅滞な日常 2017.03.18 (土)
はー、なんか毎日こまごまと気忙しいっす

15日(水) 支援学校の卒業式でした。
朝から小雨が降りそぼり、冬に逆戻りな寒い一日。
それでもぽよんは元気いっぱい。
振袖&袴の着付けが大変だったっす。

着付けと言っても『なんちゃって着付け』。
形だけそれなりに見えればいいや、なアバウトさ。

振袖は、3年前の小学部卒業式は昔々の私の七五三振袖だったけど、
今回は私より6.7歳年下の従妹の七五三振袖だ。
↑従妹の子は男2人
裾がかなり長くて、おはしょりを取るのがすんげぇ大変だった。

袴の帯はマジックテープのワンタッチ式なので楽々簡単。
その巻きつけた帯に袴の前側から紐を後ろに持ってきて結んで、
次いで袴の後ろ側を帯に被せて紐を前に持ってきて結ぶだけ。
助っ人として母に来てもらったけど、私一人でも出来たかな。
↑ぽよんがじっとしてないので押さえ係は必要だが
中学部卒業1

余談だが、この日は前日から雨予報だったので、
旦那は会社に行くのが億劫になって、結局休んだんだが
「億劫だから(今年度の有給もあと二日残ってるし)休む」
という意識だけで、たまたまこの日が娘の卒業式=せっかくだから自分も行こう!
なんぞという思考回路には全然ならないようだ。
かと言って、私も旦那に「一緒に行く」と言われても面倒なので
「どうせ休むなら行かない?」なんぞと水を向けることはしなかったが。

卒業式は滞りなく終わった。
『君が代』斉唱でぽよんのノリノリの「うぁ~!」な声が響いたりしていたが。
卒業生退場の時は保護者も廊下の方に出て花道を作るんだけど、
その時に「おめでとう」のプレゼントを渡されたりする。
私もかつての本部役員繋がりで今までの数年間はあげたり貰ったりしてたけど
去年の卒業生にあげた分で一通りの相互やりとりは終わったつもりでいた。
今年は何のシガラミも無いと思っていたんだが…。
去年・一昨年の卒業生の母たち3人から貰ってしまった。
わざわざ来てくれてたのねー。
いや、卒業生母たちがプレゼントを持ってお祝いに来るのはよくある事だけど、
私に対してはお互いのやりとりの義理は済んでるから、もう無いと思ってたんだけど…。
さらに在校生母4人からも頂いてしまって。
皆さんの気持ちは嬉しいよ、嬉しいんだけどさ。
いつまで続くのか、この無限ループ
お返しをまた気を使わないといけないけど、在校生はともかく、
卒業生母になんて会う機会ないもんなー…。お返ししなくていいかな…
そして来年からはまた別ルートの本部役員付き合いが始まる…

その後、写真撮影をして、←ぽよんの落ち着きのなさMAX
クラスごとの教室に戻って最後の帰りの会。
それから学年全体で集まって色々。
1年間の皆勤賞表彰もあって、14人中2人が皆勤賞。←そのうちの1人がぽよん(笑)
最後に卒業生&保護者一同から先生方へのプレゼント。
↑一応学年委員の部長である私が仕切って
プレゼントはシャチハタ印付きのボールペン+ミニブーケにした。
担任9名+去年・一昨年の学部主事&今年の学部主事で11名分。

持ち帰り荷物も山のようにあって、バタバタした1日でした。
ぽよんの着物は当然着崩れまくり
時々、ビリッ という不穏な音が幾度となくしていたが、
ハデなビリビリッの音の後、
「すみません!ここ破けましたの先生の声が。
肩と袖の縫い目が見事に破けておりました
でもこの振袖ももう着る事は無いだろうからいいわ。

帰宅後。
破れた肩・袖を『卒業おめでとう』の安全ピンで留めてみた(笑)
中学部卒業2
ぎゃ坊の日常 2017.03.13 (月)
またもや やたら長くなったので、全部真面目に読まなくていいっす
個人的に、怒涛の日々の覚書として自己満足に書きなぐってます。

8日(水)、ぎゃ坊高校の卒業式でした。

朝、ぽよんのスクールバスの時間に合わせて家を出ると間に合わないので、
ぽよんの支度を全部済ませて、バス停には旦那に行ってもらった。
↑その後に出社してもフレックスで10時までなら間に合う
それくらい協力してもらわんと。

式は10時からだけど、受け付けは9:30までに済ませねば。←9:15頃到着
卒業式なんて、だいたいやる事は決まってるし、
早ければ1時間ちょっとで終わるかなー、長くても11:30くらいかな?
渡された式次第の用紙を見てみたら…

ん…!?

卒業式 式次第

なんだ休憩って!?
休憩ってなんだ!?


休憩が入る卒業式なんか聞いたことねぇぞ、おい

休憩明けの在校生プログラムは、無難に送辞と合唱で10分足らず。
その後の卒業生プログラムってのが、
コントあり、先生のモノマネあり、クラスごとに合唱祭のダイジェスト版合唱あり、
有志のステージダンスあり、全体合唱あり、代表3名の答辞あり、
ってな感じで、感動の涙と笑いが盛りだくさんで、トータル50分くらいやってたかなー。
そりゃ休憩もありだわ…。
ノリが卒業式っていうより予餞会みたいだけど、
予餞会はそれはそれで前日にやってるはずだし。

卒業生退場まですべて終わったのは12:30でした。

制服の無い学校なので、女子の衣装がきらびやかで目に楽しかったっす。
ほとんど袴だけど、クラスに3人くらいの割合で洋装の子もいた。
それも、小じゃれたワンピースなんてものじゃなく、
豪華ホテルの結婚式に招待されたようなキラキラなパーティードレス
中には結婚式に招待した側のようなお姫様ドレスの子もいたわ。
男子は袴は3割くらいかな。
あとは無難にスーツだけど、中には変わりダネもチラホラ。
ぎゃ坊はさすがに今まで着ていたイ●ンの激安スーツではなく、
数日前にコ●カで作ったスーツ。
↑これも、物としては安いものだけど(小物まで8点セットで3万くらい)


さて、それからの怒涛の日々といったら、もう
いや、どこかに外出とかの忙しさではないんだけど、
大学合格発表後の書類の山が尋常ではなくて、私の頭の中はパニックっす。
入学手続きに関してだっていっぱいいっぱいなのに、
寄宿舎の入居関係の書類まで来て、ワケわかめ

そう、寄宿舎、入居OKでました。←9日と聞いてたのにHPを8日に見たら結果が出てた
何やら申請者が予想以上に少なくて、申込み=決定 なパターンだったようだ。
しかも、1.2年生は6人ごとのシェアハウス式のユニット棟で
3.4年生&院生が完全個室の棟 って住み分けが原則なので、
うちも申し込みは素直にユニット棟にしたんだけど、
個室棟の方も在学生の申し込みはほとんどなくてガラガラ状態で、
受験生でも最初からそっちを優先で希望を出してた人は問題なく入居決定が出されてた。
そんなの聞いてないよー と、「今から個室棟に変更可能か?」と問い合わせたら
「同じような希望が多数あり、調整しようとしたけど、
管理委託会社との協議の結果、すでに事務手続きが進んでいるので今さら無理」
との事。

ぎゃ坊としては、寮のあまりの不人気ぶりに不安にもなり、
ユニット棟での共同生活ってのも不透明で見通したてにくいし、
もし個室棟に変更できるならそれが一番いいけど、
ユニット棟になるならアパートの方も一度見てみてから決めたい、と。
アパート屋さんのヒゲ兄さんに電話して、
「14日(火)に入学手続きに行くので、その時にアパートの中を見たい」と言ったら、
「その日は自分も都合悪くて、他に案内できる人手もない」←繁忙期だからねー
って事で、場所と外観だけ見て決めるかと思ったが、
その後「絶対内緒にしてくれれば、鍵の場所とキーボックスの暗証番号を教えるから
勝手に部屋に入って見てもらってもいい。
ただし、鍵返却後はその場ですぐに連絡して、契約の返答をくれ」と。←了承した
ぎゃ坊に言ったら
「えー、そこまでしてヘンに責任負わされたくない。それなら外観だけでいいのに」
と腰が引けてたわ。←ビビリだから

それが3日前、10日の時点の話。

それが昨日、分厚い封書で寄宿舎入居に関するあれこれの書類がどっさりと届いた。
それを見ると、まだ正式申し込みもしてないのに、すっかり入居前提で話が進んでいる。
部屋番号も決まったし、入学手続き日の14,15日に入居説明会をやるから
その場で契約書類・他色々を提出する流れになるっぽい。
そして、その説明会の日までに引越しの日程のアンケートを出して
引越し日を決定しておけ、と。
↑この春から全室一斉入居なのでごった返すから日程調整必須らしい
そもそも12日に書類を送ってきて14日までに引越し日程を決めろって、
なんなのそのタイトスケジュール
14日に寄宿舎とアパートの両方を実際に見てから決めよう、
なんて悠長な話ではなさそうだ。
もう色々悩むのも面倒になって(私が)、「もう寄宿舎でいいでしょ」と
ぎゃ坊にゴリ押しした。
ぎゃ坊も、アパートで完全1人暮らしの気ままさにもかなり惹かれるものの、
大学生活スタート時の最初のアレコレの不安を考えると、
誰かと相談できる環境の寄宿舎に気持ちが傾いていたようで、あっさり0K。

人気がない理由って、推し測ってみるに、
新築ってのを差し置いても、寮というイメージからすると
家賃設定にお得感がないってところが大きいかな。
この値段なら、普通にそこそこ安いアパート借りられるよね?って感じ。
だから、既にアパート暮らししている在学生にとっては、
わざわざ引っ越しの手間と金をかけてまで入居したいほどの魅力は無いってことか。
でも、新入生なら最初のスタートの不安解消にはいいかな?とも思うわ。
ユニット棟なら光熱費・ネット代も込みで5万前後ってところ。←個室棟は6万くらい
押さえておいたアパートより1万くらい安くあがるかな。

今朝一番で、引越し調整担当のアー●引越しセンターに連絡して
3/26(日)の12:30~16:30の枠で引越しを決定。(引越しは3/24から可能)
●ート引越センターは、大学側の斡旋業者だけど別に指定ではないので
他の業者でもいいし、自力引越しでもいいけど、調整のため全員がそこに連絡して云々…と。
うちはとりあえず車で行ける距離だし、
↑道が空いてれば1時間半くらい…でも首都高は常に渋滞だから2時間はかかるかな
最初の1人暮らし荷物なんて大した量はないだろうから、
マイカーのワンボックスの荷台に積めるだけ積んで引越ししようと。
掛け布団は買ったのがあるからこっちから持ってくけど、
敷き布団は通販で買って直送すりゃいいわ。
ベッド・机は備え付けだし、家電製品もほとんど要らないし。
↑エアコン付き、冷蔵庫は共同でキッチン内にあり、洗濯はコインランドリー1回100円
細々したものは後日宅配で送るなり、
チョコチョコと家に帰って来たついでに持ってくなりすりゃあいい。

引っ越しの段取りだけで疲れてしまうが、書類はまだまだ他にもいっぱいある。
契約書だの重要事項説明書だの連帯保証人(私の父)についてだの、
管理会社とは別契約のネット契約についてだの、保険関係だの、わんさかわんさか。

昨夜、ぽよんを21時に寝かせてから書類に取り掛かったが、
「あれはどーする、これはどーなの」と家族会議しながら全部書き終わるまで2時間かかり、
そこから一通り確認作業してたら夜も更けて日付が変わってしまったわ。

数日前に同じようにパニクりながら書いたてんこ盛りの大学入学関係の書類も併せて、
明日手続きに行ってきます。
翌15日も何やらイベント?があるっぽいけど、
ぎゃ坊が一人で行ってみると言ってたわ。←ぽよんの卒業式だから私は動けない

ああ、でもなんか漏れがありそうで落ち着かないっす
ぎゃ坊の日常 2017.03.06 (月)
咲きました~!

本日、D大合格発表。
ネットから確認しました。←今の時代、便利よね~
本人、「大学まで発表を見に行こうかな」 ←ネットより早い時間に分かる
と言ってたけど、考えてみたら発表の掲示時間に合わせて行くとなったら、
今日は平日なので電車内のラッシュも新宿ダンジョンの人の波も、
試験日(土曜だった)の比ではない っつーことで断念してたっす。

ああ、ようやく一山超えたわー。
年末まではC判定が最高で、ほぼD判定を食らってばかりだったけど、
本人の追い込みが効いたのか、元々S台模試の判定が辛口だったのか。
センター試験の問題の相性が良かったのも大きいわね。

あとは住むところを決めて引っ越し準備だわ。

そういえば、先週、アパートの件で、
申し込み物件の持ち主である三●地所から旦那あてに確認電話が来たんだけど
何やら「火災保険はどうするか?2万のコースでいいか」とか
「荷物はどのくらいになりそうか?それによって家財保険のコースも変わるけど」
とか、「そんなの知らんがな」的な事を早口でゴチャゴチャ言われて、
「いやー、よく分かりません。
つーか、来週にならないと合格発表次第でどうなるか分からないし

と言っちまったんだと!
えっ。Σ( ̄ロ ̄lll)
確認の電話が来たら『合格したらどうの』とか『寮がどうの』って事は言わずに
『大学進学は決まったからここに1人暮らしすることに決めました』
と言い切るようにって言ったよね!? じゃないと審査が通らなくなるかもって」

「え?そうだっけ?」
「そうだよ。1度ならず、2.3回は言ったよ
という事態になりまして。
内心、「何やってんだよ。私の話をちゃんと聞いてないからそんな事になるんだよ。
せっかく探した物件なのにこれでダメになったらどーすんだよ、バカたれが!!
くらい言い放ちたいところだったけど、
あのむっつり状態が2月入ったあたりからようやく普段の状態になってきたので、
ここでヘタに追い打ちかけるとまた面倒な精神状態になられると思って
ぐっと我慢したっす
案の定、旦那は「やべー… ああ、これだから俺ってやつは…」
自虐モードに入って、「これでアパートがダメになったら土下座でも何でもします」
なんぞと言っていたわ。←お前の土下座なんかミジンコほどの価値もねぇわ

ま、なんにしろアパート問題は9日の寄宿舎入居者発表まで保留だ。


ついでに、冷蔵庫報告。
今日の夕方、レンタル冷蔵庫が来て、
壊れた冷蔵庫を修理に持って行ってもらう…予定でした
予定未定決定ではない という事が身にしみました

昼前に冷蔵庫貸出業者のいつものお姉さんから電話あり。
「本日、貸出の冷蔵庫をお持ちする予定なのですが…」
「はいはい。お世話になります~」
「申し訳ありません!
担当者が、別件で作業中にケガをしてしまいまして…
本日の予定がダメになってしまいました」

「あらー…」
で、明日改めてって事になって、明日は午前中はPTA役員会があるんで
午後1時過ぎにって事にしてもらった。

その30分後…
「申し訳ありません!
明日は都合がつかなくて…明後日になってしまうのですが…」

「えー…まじっすか。でも明後日は私の都合が悪いんですよね」 ←ぎゃ坊卒業式
「申し訳ありません。でしたら、9日で大丈夫でしょうか?」←恐る恐るって感じ
「うーん、9日…9日ねぇ…うわー木曜かぁ、そんな先になっちゃうのか~…」
「もう、本当に申し訳ありません…」
「それなら何とか今日お願いできませんかねぇ?」
「すみません、担当が搬入時に腰を痛めてしまいまして、動けない状態なんです。
 ↑あらまぁ、やっちまったのかー
他の者ももうルートを組んで出払ってまして…」
「そうなんだ…。いやぁ、でも、9日かぁ~…うーん…
だけどゴネてもしょーがないですもんね…分かりました、じゃあ9日で」

ってな流れっす。
何の責任も無いお姉さんがひたすら謝りっぱなしなんで、これじゃ絆されるわ。

しかし、なんだかんだで、冷蔵庫(冷凍室)が不調になってから1ヶ月だわ。
あー、不便!!