家庭用ゲーム

All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'08.03 (Thu)

ぽよん上下運搬機

階段昇降機、取り付けました。

実は、2年ほど前に一度検討したんす。
ちょうど身体障害手帳の更新だったんで、もし1級から下がるようなら
家の改修費用の補助金申請にも影響が出るかもしれないと思って。
で、ネット検索して4.5ヶ所ほどの業者からパンフレットを取り寄せた。
そんで市役所に補助金でるか聞きに行ったら、「出ません」とあっさり却下。
身体障害の等級の問題ではなく、家の改修費用として出せる項目として、
玄関先のちょっとした段差にスロープ付けるとか、
階段に手摺りを付けるとか、お風呂にリフトを付けるとかはOKだが、
家屋内の階段1階⇔2階のガッツリ移動用の昇降機は対象外です、と。
地域によってはOKの自治体もあるが、
うちの近隣の市ではどこもNG扱いになってます、と。
なんかそういう装置を家に付けると、固定資産とかそういう関係も絡んでくるから…
とか何とかも言ってたような…?←あやふやな記憶
そこまでキッパリ拒否られたらグゥの音も出ない。
↑昔々、「紙オムツの助成金なんて、うちの市にそんなシステムは無い」
 と知らばっくれられた(のかガチ無知だったのか)とは違うようだし
で、その時は「んじゃー、まだ急いで取り付けなくてもいいか。
もっと切羽詰まってからにしよう」と。

あれから2年。
ぽよん現在26~27キロほど。
抱っこして階段を上り下りするのがだんだんキツくなってきた
寝室が1階なら良かったんだけど、あいにく1階には寝室として使える部屋は無い。

んで2年前に取り寄せてあったパンフレットから、業者を3ヶ所に絞って
現地調査・見積りの依頼をした。

A社
日本で最初に階段昇降機の取り扱いを始めたとかで、実績も一番あるらしい。
ざっくりとした金額を聞くと、(曲がり階段で)130万くらい?
でも、ネットで見た『ネット限定モデル』とかいう安っちぃ椅子の型でいいんだけど
と言うと、それなら120万切るくらいで出来ると思う、と。

B社
複数の業者の中で、唯一ネット上でも大まかな費用を提示していた。
営業の兄ちゃんも話しやすい(若干馴れ馴れしい)。
ざっくりした金額を聞くと、140~150万くらいと。
元々は「まぁ、そのくらいだろうな」と覚悟していたけど、
A社が思ってたより安い金額だったので、その後に聞いた金額に「やっぱ高いな」
と思ったのが顔に出たのか、「ぶっちゃけてもらって、他に相見積りとか取ってます?」
と聞かれて、「そーですね、他いくつか頼んでるところはあります」と言うと、
「そうですか…。じゃ、ちょっと頑張って見積りの方、出してみますね」と。

C社
悪くは無いんだけど…。
色々ノウハウのある海外製品も取り扱いがあり、でもそれだと200万くらい。←論外
国産製品だとB社と全く同じ製品になるようだ。
ざっくりとした見積もりでは、やはり140~150万くらい。

どうもB・Cは自社製品を開発販売しているわけではなく、代理店のようなものらしい。
A社は自社製品の自社取り付け。
実績としても一番信頼できるっぽいし何より安いし、Aでいいかなー、という印象を持ちつつ、具体的な見積りが出てくるのを待つ。

1週間後くらいに、3社からの正式見積りが届いた。
A ネット限定品が120万でおつりがちょっと出るくらい
  スタンダードなグレードのものがそれより+10万くらい
   ↑機能性も操作性もまったく同じで椅子のデザインの違いだけ
B 133万くらい ←相見積りアリと聞いて頑張ったらしいが…
C 145万くらい

で、B社から電話があり、「他社の見積りはどうでした?」と聞くので正直に言うと、
「えっΣ( ̄□ ̄;) まじっすか…。
うーん…。いや、じゃあ、もうちょっと上と相談しながら頑張るので、
もう一度チャンス下さい」と言ってきた。
そして数日後に提示した見積金額が、A社を1万ほど下回る金額。
でも私としても旦那としても
「他社の金額を聞いてそれに合わせて慌てて下げてくるようなのは信用できない」
って事で、穏便にお断り申し上げたっす。

で、A社に申し込む祭、前述したようにネット限定の安っちぃ椅子でいい
と言ってたんだが、使用するのが子供だということで、
「ネット限定の椅子は座面に奥行きがあるので、お子さんだと安定しなくて危ないかも。
今回は料金据え置きで、椅子のグレードはお好きなものにしていただいて構いません」
という心遣いをいただいた。
椅子のグレードは3.4つパターンがあるんだが、
高級バージョンはあんまり好きな感じではないし、横幅もぽよんには広すぎそうで、
スタンダードなグレードでネット限定品の次のバージョンのタイプ(見積りで+10万だったもの)にしたっす。

正式に図面を起こして正式契約してから1ヶ月ほどで部品を作成し、
設置工事は1日で終わる、とのこと。

そして無事に設置工事終了。
工事中、ガガガドゴゴの音がなかなか激しくて、
ぽよんも泣きはしなかったが怯え気味。
そして完成後、説明を受けながらぽよんを乗せようとしたが、
全力で拒否られた。←のけ反って暴れて座ろうとしない
おいおい慣らしていくしかない

ひとつ、失敗だったかな~…と思ったのが、元々ついていた手摺り。
手摺りを残すなら、その分レールの設置場所が階段内側にズレてしまう。
手摺りを外してしまえば、もう少し壁寄りに設置できる。
その差、7センチくらいと言われ、外すか残すか、すんごーーーく悩んだんだけど、
結局手摺りは残してもらった。
何度か階段から落ちかけて手摺りがあってギリギリ持ちこたえたこともあるし、
夜中に階段を下りる時、電気をつけると旦那が起きてしまうかと気を使い、
電気を付けず暗がりの中 手摺り頼りに階段を下りる ということも良くあるので。
しかし、昇降機のレールが場所によっては思ったより高い位置にくるので
ちょうど手摺り代わりにもなる感じだ。
椅子も予想以上に場所を取るし、この7センチの差って、けっこう圧迫感があるわ。
手摺り外して階段をもっと広く使えるようにした方が良かったかもー…。

階段昇降機・下 階段昇降機・中 階段昇降機・上

けっこうな出費になったが、普通に育っている女子高生ならそろそろ塾代なんかもかかってくるしね。
そういえば数日前には成人式の振袖案内のDMも来てたし。
↑ぽよんには買う予定もレンタル予定も無し
それやこれやを思えば、今回の出費もまぁ仕方ない…

あ、ダメ元でもう一度市役所に助成金が出ないか聞いてみたら、
なんと、OKだって言われた。
これって、2年の間に助成金対象の見直しがあったというより、
担当者の見解の違いじゃないかと思う。
「この『居宅生活動作補助用具』の項目で対象になりますね」って言われたが、
2年前に私が「この『居宅生活動作補助用具』の項目で対象になりませんか?」って聞いた時は
前述したようにダメ出しされたんだもんな。
↑2年前の私も今回の担当者も、
 全く同じ『障害者福祉ガイドブック』の中の同じページの同じ項目を指し示して
タイミングと担当者次第で匙加減が変わるのねー。
対象金額はMAX20万までだけど(1割負担を抜いて18万補助)、ありがてぇっす。
↑塾の夏期講習代が浮いた感じ
15:46  |  ぽよんの発達遅滞な日常  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |