スニーカーに関する情報
ぽよんの発達遅滞な日常 2017.03.18 (土)
はー、なんか毎日こまごまと気忙しいっす

15日(水) 支援学校の卒業式でした。
朝から小雨が降りそぼり、冬に逆戻りな寒い一日。
それでもぽよんは元気いっぱい。
振袖&袴の着付けが大変だったっす。

着付けと言っても『なんちゃって着付け』。
形だけそれなりに見えればいいや、なアバウトさ。

振袖は、3年前の小学部卒業式は昔々の私の七五三振袖だったけど、
今回は私より6.7歳年下の従妹の七五三振袖だ。
↑従妹の子は男2人
裾がかなり長くて、おはしょりを取るのがすんげぇ大変だった。

袴の帯はマジックテープのワンタッチ式なので楽々簡単。
その巻きつけた帯に袴の前側から紐を後ろに持ってきて結んで、
次いで袴の後ろ側を帯に被せて紐を前に持ってきて結ぶだけ。
助っ人として母に来てもらったけど、私一人でも出来たかな。
↑ぽよんがじっとしてないので押さえ係は必要だが
中学部卒業1

余談だが、この日は前日から雨予報だったので、
旦那は会社に行くのが億劫になって、結局休んだんだが
「億劫だから(今年度の有給もあと二日残ってるし)休む」
という意識だけで、たまたまこの日が娘の卒業式=せっかくだから自分も行こう!
なんぞという思考回路には全然ならないようだ。
かと言って、私も旦那に「一緒に行く」と言われても面倒なので
「どうせ休むなら行かない?」なんぞと水を向けることはしなかったが。

卒業式は滞りなく終わった。
『君が代』斉唱でぽよんのノリノリの「うぁ~!」な声が響いたりしていたが。
卒業生退場の時は保護者も廊下の方に出て花道を作るんだけど、
その時に「おめでとう」のプレゼントを渡されたりする。
私もかつての本部役員繋がりで今までの数年間はあげたり貰ったりしてたけど
去年の卒業生にあげた分で一通りの相互やりとりは終わったつもりでいた。
今年は何のシガラミも無いと思っていたんだが…。
去年・一昨年の卒業生の母たち3人から貰ってしまった。
わざわざ来てくれてたのねー。
いや、卒業生母たちがプレゼントを持ってお祝いに来るのはよくある事だけど、
私に対してはお互いのやりとりの義理は済んでるから、もう無いと思ってたんだけど…。
さらに在校生母4人からも頂いてしまって。
皆さんの気持ちは嬉しいよ、嬉しいんだけどさ。
いつまで続くのか、この無限ループ
お返しをまた気を使わないといけないけど、在校生はともかく、
卒業生母になんて会う機会ないもんなー…。お返ししなくていいかな…
そして来年からはまた別ルートの本部役員付き合いが始まる…

その後、写真撮影をして、←ぽよんの落ち着きのなさMAX
クラスごとの教室に戻って最後の帰りの会。
それから学年全体で集まって色々。
1年間の皆勤賞表彰もあって、14人中2人が皆勤賞。←そのうちの1人がぽよん(笑)
最後に卒業生&保護者一同から先生方へのプレゼント。
↑一応学年委員の部長である私が仕切って
プレゼントはシャチハタ印付きのボールペン+ミニブーケにした。
担任9名+去年・一昨年の学部主事&今年の学部主事で11名分。

持ち帰り荷物も山のようにあって、バタバタした1日でした。
ぽよんの着物は当然着崩れまくり
時々、ビリッ という不穏な音が幾度となくしていたが、
ハデなビリビリッの音の後、
「すみません!ここ破けましたの先生の声が。
肩と袖の縫い目が見事に破けておりました
でもこの振袖ももう着る事は無いだろうからいいわ。

帰宅後。
破れた肩・袖を『卒業おめでとう』の安全ピンで留めてみた(笑)
中学部卒業2
Secret