☆びるしゃなあんのにちじょう☆  シャナ助のたわごとにお付き合いください。
殿下、許すまじ!
2016年12月16日 (金) | 編集 |
今年もあと2週間ほどとなりました。
この時期、やる事が色々とあって煩わしいっすね。

大掃除は毎度の脳内外国人が混乱するからそっとしておこう。

年賀状、まだ手を付けてないわー。
数日前に、コンビニでハガキは買ってきた。
購入枚数も年々減ってて、今年は予備含めて45枚。
親戚筋と昔ながらの友人とぽよんの同級生関係くらい。
旦那は2.3枚だけだし。
プリンターの色調子もあんまり良くないんだけど
↑この前、白黒のコピーをしたら薄~い緑色と薄~茶色で印刷された
年末ギリギリに始めて、印刷失敗→何でもいいから急遽プリンター購入は避けたいから
来週中にはミッションコンプリートしたいところだ。

支援学校中学部担当のベルマーク集計も先週やり遂げた。
学部長として仕切ったわ。
参加者人数が去年より大幅アップしたので
↑去年の中3・中1は非協力的な人が多い学年だったが、
 今年は中2(去年の中1)以外は協力的な人が揃った学年になっている
用意していたお菓子類が足らなくなったりしたけど、
役員5人の分を取り分けたりして何とかなった。

そして今年は何より厄介な事があるのですよ。
次期役員選考委員会っす。
高等部・中学部・小学部の部長・副部長の計6名で
迷える子羊の中から来年度の 生贄 本部役員を選定しなければならないのです。

今年決めるのは、
会長・高等部副会長・中学部副会長・会計・書記。
任期は2年間で、会長は原則1年やったあと顧問でもう1年。
会計・書記は2名ずついるので、毎年1名ずつ新規募集。
事前に配られていた自薦・他薦のアンケートで目星をつけた人に
電話攻撃をかけていくのだ。←もちろん、自薦で名前を書く人なんかいない

会長候補(新高2・高1の学年から出す)には私の名前を書いた人もいるらしい。
↑そのアンケート用紙は高等部の部長が持っていて、私は見せてもらってないが
あと名前が挙がったのは、誰もが認めるうちの学年のAさん。

私はやらなきゃいけない事は一応ソツなくこなすけど、
根っこの人間性的な部分は変革を嫌う日和見なものぐさ者だ。
意見を言われても
「んなの、どーでもいいじゃん、メンドクセー。不満なら自分で何とかしなよ」
と心の中で毒づくタイプ。←最低
対してAさんは「こうした方がいい」という意見もバリバリ言うし、人の意見も汲み取るし、
担任や校長・教頭にも意見や要望や相談を積極的にする人だ。
↑つっても常識的な人なのでモンスターな無茶ブリはしない

そんなAさんを差し置いて私が会長なんてナイわー。
と、思うのだが、Aさんだって別に役員をするのが好きなわけではない。←そりゃそーだ
会長職だって全力で避けたがっている。
断る理由が、「親の会での役職があるから」。
この理由、親の会の会員にとって代々伝わる役員回避のための常套手段。
殿下の放蕩 殿下 ←久々登場の殿下(笑)  
もとい、伝家の宝刀っす。

支援学校の半分(以上?)くらいは親の会に入っているので、
その理由がまかり通る風潮がある。
なので、自分でも会長に推されそうだと予想している人は、
敢えてそれまでの間は親の会で役職に就かず、
高等部になる頃合いで役職を引き受ける傾向がある。
実際、今年の会長Tさんも、
一番の候補者だったOさんに親の会を理由に逃げ切られて引き受ける羽目になったんだ。
親の会に入ってない方からすれば、そんな理由は「知らんがな」だし、
学校と親の会は切り離して考えるべきと思うんだが。
それが通るなら、私だって自分の地域の自治会
役員(書記か会計あたり)に名乗りを上げちゃうよ?←しないけど
それも役員を断る理由としてOKって事だよね?
と、可哀想な高等部部長(選考委員長)に食ってかかってしまった大人げないわたくし
もしAさんが受けてくれるなら、私も副会長ならやってもいい、とは言ったけどさ。
会長はやだわー。←もちろん副会長だって嫌だけどさ

とりあえず、会長に関しては
新高1(うちらの学年)よりもまずは新高2の学年で何とかならないか模索する方向で。
でもなー、上でも書いたけど、非協力的な学年だからなー。(前途多難

でもって、中学部の副会長も2名ほど候補が上がっていて、
その子羊ちゃんたち(Sさん・Yさん)には中学部長の私が電話交渉しなくちゃならない。
気が重いーーー
どっちも知ってる人だからまだ話しやすいけどさ。
当然、断られたっす。
その交渉の時に「Mさんという人はどうか?」という チクリ 情報を得て、
2度目の選考委員会でその情報を報告し、
Mさんって私の知らない人だったので(今年、中学から入学した人らしい)
教頭から連絡先を聞いて、昨夜電凸した。
Mさん、電話でもとても感じの良い人でした。
Sさんからある程度の根回しはされていたようで、
「うっすら話は聞いていて、自分はとても本部役員なんて器ではないけれど
学校やPTAにはお世話になってるんだし、
いずれは自分も何らかの協力はしないと…とは思っていたので」と
素晴らしい返答をいただきました。←デキたお人や~

あとは書記・会計ね。
Sさんが、副会長はもう絶対嫌だけど、
どーーーしても本部をやらなきゃならないなら書記ならOKとは言っていたので、
他の書記候補者がNOとなったら、Sさんになるかな。
会計もまだ決まらないけど、会長と高等部副会長よりは難航しないだろう。


あー、会長なぁ…。
とりあえず、殿下は反則だと思うのです。
コメント
この記事へのコメント
おつで~っす×パペピプペポパポ

殿下っつったら(笑)

うちの学校でも伝家の宝刀は 抜刀してきますねえ

んでも、これまでの本部役員さんがみんな
どっかの役員と兼任してる人が多かったせいか

「大丈夫よ~できるわよ
み・ん・な・や・っ・て・る・んだから」

と返り討ちにされたっす ←刀の切れ味は今一つ

どっちかってと
「仕事の都合がつかないので遠慮したい」
っていわれて散々逃げられました

役員選出は 苦い思い出っす
 

2016/12/17(土) 10:08:38 | URL | かかろん #-[ 編集]
>かかろんさん♪

あざ~っす × 今風に歌えば ぱぴぺぷ あぽぺ~ん

私には振るうべき刀がないのが悲しい。
親の会もお仕事もしてないので、きらりん☆な宝刀を上段の構えで抜かれても
対抗する手段が錆びたカミソリすらない。
素手で立ち向かい続けるうちに心が切り刻まれそうっす。

うちの学校は平成元年に開校して、再来年度が30周年となり、
来年・再来年はその式典に向けて色々動かなきゃならないようで
PTA活動もメンドクサさに拍車がかかるのが予想されるっす。
そして、もし仮に来年の会長を受けたとして、
うちの1コ下の学年は人数も少ない上にメンバーも非協力的な人が多いので
再来年、その学年から会長を出してくれるかどうか非常にアヤシイ。
となると、またうちの学年から出すことになり、
ヘタすると「頼むからシャナさん、もう1年やってくれない?」な事にもなりかねない。
そしたら会長2年+顧問1年で、丸々高等部3年間が役員仕事で潰される。

全力で回避しようと思うっす。
…いっそ、今からでも副会長に立候補しちゃおうか、と血迷いそうになっとるっす。
立候補なら、その希望役職を優先してくれる…んじゃないかな…?
でも、「その覚悟があるなら、思い切って会長に」なんて流れになりそうで、藪蛇が怖い。
2016/12/17(土) 13:42:14 | URL | シャナ #2qaJ23q.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する