スニーカーに関する情報
ぎゃ坊の日常 2013.06.28 (金)
先日の血液検査と副腎のCTの結果を聞きに行ってきました
貧血は、今回の検査では引っかからず、鉄剤を飲むほどではないから
普段の食事で鉄分を採るよう心掛けりゃいいでしょうってな感じ。
副腎にも異常無し。
んー、まぁ、良かった…と言うべき?
私としては、副腎に腫瘍があって高血圧の原因になってる場合、
ほとんどは良性だから切除してしまえばあとはスッキリらしいので、
内心その方が良かったな~…なんて思ったりしたんだけど。
手術ならちょちょいと1週間くらいの入院で済むだろうし、
そのくらいなら旦那とぎゃ坊は冷食とレトルトとスーパーの惣菜で何とか凌いでもらって、
気がかりはぽよんだけど、1週間くらいの短期入所が出来る所、
範囲を広げて探して頼み込めば、どこかあるんじゃないかと…。
ちょうどこれから夏休みだし、その間に出来るなら、それが一番いいなーと思ってたんだけど。
そしたら、高血圧も解決で、これからずっと煩わされずにすむもんね。
でも結果は良くも悪くも異常なしだったので、
今後も降圧剤を飲みつつ、次回の診察は9月だ。

さて、そしてぎゃ坊。

小学校卒業した春休みに矯正歯科に行ってみたが、
その時はまだ乳歯も残ってて時期尚早って事で、
乳歯が全部抜けた1年後、中1→中2の春休みにもう一度行ってみたが、
乳歯は抜けても奥歯(12歳臼歯)がまだ出て来てないから時期尚早って事で、
その奥歯が4本とも半分以上出てきたらまた来てと言われていた。
で、先週の土曜に3度目の相談に行ってみた。
やっと、「これなら矯正治療を始められるでしょう」とGOサインが出た。
明日から治療開始で、まずは詳細な検査から。
それには4万かかるそうだが、そんなの手付金みたいなもんだわね
治療期間も、これから2~3年かかるんだろうな。
多分、小臼歯を4本抜くことになるだろうし、
矯正器具も付け始めは相当痛いらしいので、
治療開始が受験シーズンまでに間に合ってくれて、とりあえず良かったっす。


そんでもって、その受験に向けて、塾の検討がどーなっているかというと。
何となく、「こっちが本命かな」と思っていた県内大手の進学塾・I学院。
ちょっと前に1週間(3回)の体験に行ってみたぎゃ坊の感想。

   「ヌルい」

うーん
そのI学院、県内トップの合格実績を誇る…とは言っても、
うちの近所の教室は去年開設されたばかりで、まだ生徒数も少なく、クラス分けもされてないから、
ぶっちゃけ、ぎゃ坊にとってレベルが低いらしい。
それでも、こんなヌルい田舎の教室だろうとクラス分けしてバリバリやってる都市部の教室だろうと、
掛かる料金は一緒だ。←夏期講習だけで、各種オプション含めると軽~く10万超。
親的にも、それはナイわー…

って事で、もう1つの候補塾、地域密着のNスクール。
この前、説明を聞きに行って、来週から体験予定。←月水金×2週間
夏期講習は75000円くらいだったかな。
テスト代やら何やらでそれ以上かかるってことはないらしい。←明朗会計
しかも、その夏期講習から正式に入塾の場合は、講習費が半額免除ですって。
クラス分けも応用コースと通常(補習)コースがきっちり分かれている。
この場所で20年以上やってる実績もあるので、
近隣中学の情報も保護者の私よりしっかりしてる感じ。
ぎゃ坊次第だけど、ここで決まりかなぁ。
ここもイマイチとなると、駅近くに他にも有名無名取り混ぜ3つ4つ、塾はあるけど
あんまりあちこち考えるのもメンドクサイ。
もういいよ、Nスクールで。安いし。←何気に重要

あー、だけど夏期講習は月~金の9:20~16:20で、その間は外出禁止。
つまり夏休み中、土日とお盆以外は毎日弁当持参。
受験生の母もツライわ~


それと、今年もそろそろ駅伝練習の季節。
本来の部活は、7月の地区大会で負けて引退って事になるけど、
駅伝要員は夏から練習が始まって、10月の大会まで続く。
今年は3年生は立候補制にするという話もチラッとあったようだが、
いや、やっぱり駅伝顧問の先生の独断で決まるらしいという話もある。
ぎゃ坊としては、駅伝練習そのものはイヤだという訳ではないけど、
塾の兼ね合いもあるし、何より文化祭の実行委員を今年こそやりたいので、
そっちを優先させたいらしい。
去年も、生徒会の中で文化祭の役割を決めた時、
せっかくジャンケンで勝って3人の実行委員に入ったのに、駅伝部員は駅伝優先とされて、
実行委員を降りることになったらしい。
担任で生徒会顧問のH先生からも、「今年は実行委員やってよー!」と言われているようだ。
でも、色々と周りの声を(被害妄想気味に)気に病むぎゃ坊、
「駅伝をやらないって言ったら、絶対「逃げた」とか言ってくる奴がいるんだ。
先生だって、絶対何人かは陰でオレの悪口を言う。
それがウザい。ああ、鬱になりそうだぁ」

とかブチブチ言っておるわ。

今年の夏は何かと大変そうっす
徒然な雑記 2013.06.18 (火)
1ヶ月ほど前に受診した脳神経外科のMRI。
これは異常がなく、頭の血管も破れたり詰まったりはしていないから大丈夫って事だった。
だけども、骨の状態(おでこの出っ張りが骨腫かどうか)ってのはMRIでは分からないっつーので、
後日あらためてCTを撮った。

循環器内科の方もあるし、火曜日午前中ならちょうど二人のドクターが揃っているので、
予約日を合わせて、今日行ってきたっす。
10:30に循環器内科、11:30に脳神経外科の予約だったけど、
診察の順番が回ってきたのは循環器が11:35、それから採血検査に回って、
脳神経は13:00近くだったわ。←午前の診察終わったドクターが帰っちゃうんぢゃないかと思った

脳神経の方は、CTでも骨の異常はなし。
近くにうっすらと影っぽいのがみえるけど、それは腫瘍ってわけではなく、
おそらく石灰化でもしてるんだろう、と。
CT写真では確かに出っ張りはなく、キレイな曲線のおでこだ。←デコ美人
しかし、触るとやっぱりボコッと何かが出来てるんだよなー。これが石灰化?
ともかく、とりあえずの心配はないようなので、
「これが大きくなるようだったらまた来て」って事で終了。

で、問題は循環器内科。
薬を1ヶ月飲んでた間は、血圧は落ち着いてた。←平均 上120前後、下80前後って感じ
しばらくは薬を飲み続けることになった。
で、だ。
前回の血液&尿検査の結果、ひっかかりが2点

副腎から出るホルモンの数値が、「こりゃ明らかに異常だ!」ってほどでもないが
正常とも言い難い数字で、何ともグレーなところなんだと。
そういや、高血圧判明した時にネットの海を漂って、「副腎に腫瘍がある場合も高血圧になる」
というのを見たんだよね。
先生が気にしたのはそこんところらしい。
若い女性で高血圧ってのは珍しいパターンだから、
「もしかしたらあなたの場合はこの可能性も捨てきれない」って事で、
副腎に腫瘍があるかないか、明日検査することになった。
先生ってば、検査するにしてもCTがいいのかMRIがいいのか、判断つかないようで、
何度も検査技師さんに内線電話で相談しながら、造影剤を使ってCT という事になった。

あともう一つ引っかかったのが、貧血。
これは昔から、何度となく引っかかってるなぁ ←学生時代・社会人時代・妊娠時代
で、詳しい検査をするために、また採血したわ。
今回も看護師さん泣かせの血管が看護師さんを泣かせたっす。
さいしょに両腕を見て、「うーん。左で行きますか」と左腕に針をプニッと入れたところで立ち往生し、
「すみません一度抜いてやり直します」と、今度は右腕を縛り上げたが、
「うーん…やっぱり左で」となり、さっき刺したところの横の血管にプスッ と。
今度は無事に採血できた。←貧血なのに試験管3本分も取られた~
それらの結果は、また来週の金曜日っす。

2年前のメタボ検診では、血圧も引っかかってたけど中性脂肪も要指導になってたので、
今回の検査でも、引っかかるとしたらコレステロールとか中性脂肪とか糖尿とか、
そっちだと思ってたんだけど。
それは指摘されなかったっつーことは、そっちには異常ないってことなのよね、きっと。
うん、良かった
ぎゃ坊の日常 2013.06.03 (月)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ぽよんの発達遅滞な日常 2013.06.02 (日)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力