スニーカーに関する情報
徒然な雑記 2011.06.27 (月)
関東地方が6月としては記録的な猛暑に見舞われた先週金曜日、
J子と一緒に東京スカイツリーのお膝元・浅草界隈を散歩してきました。

浅草は、東日本橋あたりの問屋街に母と年1.2回来るが、いつも素通りで
せいぜい松屋で昼を食べるくらいだった。
ちゃんと見て回るのは15年ぶりくらいか?←その時は花やしきに行った
更にJ子と一緒に浅草に来るのは20年ぶりくらい?
↑その時は隅田川花火大会を見に来た
 とんでもない人出で、ひたすら建物の間の道路をギュウ詰めの行進状態
 間近で迫力ある花火の音は聞こえるものの、立ち止まって振り返ろうとすると
 「止まらないでくださーい!!止まらず進んでくださーーーい!!!」
 と警備の人に怒られる
 花火を見に来たのに、花火は見られなかったというしょっぱい思ひ出


暑かったけど、それ以上に風がものすごくてあんまり暑さを感じてる余裕もなかった。
日よけ対策として日傘を持っていたが、とても差して歩ける状態じゃないわ
そよ風だったら、ふんわりと風に飛ばされた傘を素敵紳士が受け止めてくれて、
「お嬢さん、あなたの傘ですか?気を付けて(にっこり&白い歯キラ~ン)」
ハートフルな出会いに導かれ、なおかつ
「おや、僕のせいでカサの骨が折れてしまいましたね。
修理代というのも野暮ですので、お詫びにご馳走させてください」
なんて展開も夢ではないが ←夢想
この日の強風では、ぐお~っと飛ばされた傘がヤバ系お兄さんにぶち当たり、
「ババア、てめぇの傘か!?気ぃ付けやがれ(ガン付け&金ネックレスキラ~ン)」
サスペンスフルな出会いに導かれ、その上
「あ゛あ゛っ? てめぇのせいで俺のカタの骨が折れちまったぢゃねぇか。
治療代ってのも医者行くのはまどろっこしいから、30万で勘弁してやらぁ」

なんて展開が現実にあるかもしんない。←悪夢
そんくらいの暴風でございました。

押上駅で降りて、工事中(でも高さは634m到達している)のスカイツリーを見上げ、
業平橋とは反対方向になるけども、まずはビューポイントの十間橋まで行ってみる。
晴天無風の日なら、逆さツリーが北十間川の水面にキレイに映し出されるのだが、
この日はヤバい出会い注意報発令中な強風だったので、水面が波立ってしまっていた。
スカイツリー@十間橋  逆さツリー@十間橋


そこから浅草通りをスカイツリー方面に向けて歩いていくと、『おしなりくんの家』がある。
そこに立ち寄ると、ボランティアの地元のおばちゃん数人が人懐っこく話しかけ、
親切に世話を焼いてくれる。おしなりくん
J子と二人、冷水をもらって一息ついていると、
「これ、ホントは人にあげちゃダメ(売り物?)なんだけど、特別ね。
はい、他の人に見られないうちにコソッと仕舞って!」
と、
何やらカードを2枚差し出された。
見てみると、名刺大ほどの逆さツリーの写真カードだった。
実物は見られなかったけど、いい記念品をもらったわ。
ありがとう、おばちゃん

それから業平橋駅方面に向かい、東京スカイツリー インフォプラザに立ち寄る。
しかし、ここは思ってたより狭くて、その割に観光客がいっぱい入ってて、
ざっと見ただけで早々に出る。

んで、吾妻橋から隅田川を渡って、浅草方面へ。
名物・ウンコビル アサヒビール本社とスカイツリーのコラボ。
ウンコビル&スカイツリー
吾妻橋のたもとには水上バスの乗り場がある。
そこの券売所ビルの入り口に『ヨーグルトソフト』の幟を見つけ、
中に入って休憩がてらヨーグルトソフトで一息つく。
トッピングが色々選べて、それが全て無料というのがうれしい。

そこを出て、人力車の呼び込みのお兄さんを振り切ってずんずん歩き、浅草駅前に。
そして雷門。←左に雷神、右に風神。
雷門  仲見世
仲見世を通り抜けつつ、
あげまんじゅうやら芋ようかんソフトクリームやらを買い食いし、
浅草寺へ向かう。
浅草寺  浅草寺煙
体の悪いところに煙を浴びると良くなるというご利益があるので、
肩・腰を重点的に、そしてに浴びるのは もはやお約束。←ポチあぶり出し作戦

参拝を済ませると、ボチボチ昼の時間を回っている。
浅草でのお昼はもんじゃ焼き…と行くべきだろうが、私もJ子ももんじゃは嫌いだ。
暑い中歩き回って、ご飯ものって気分でもなく、蕎麦屋へGo。

それから土産用に私はあげまんじゅうと芋ようかん、J子は人形焼きと芋きんを購入し、
予定よりかなり早いが帰る事にする。
ぽよんを日中一時で預かってもらえる日なので、時間はまだたっぷりあったが、
体力がもう残りわずかであったのさ。
家に帰りついたのは午後3時。
この時間なら、通常のぽよんのスクールバスの時間にも間に合うペースだったわ。
でも暑い中歩き疲れて、しばらくはクーラーを効かせた部屋でHP回復に励まねば。
え。節電? 無理っす! ←でもせめて温度設定は28度


ちなみに、 スカイツリーは第二展望台まで行くと大人3000円だそうだ。
中学生は2300円
家族単位で行くとお財布クールビズだ。
そこまで金かけて家族レジャーなんてしたくない
ってか、そもそも我が家は家族でスカイツリーに行くことは、
まずあり得ないがね。
なぜなら、うちの旦那、スカイツリーを作っている事業主の鉄道会社が
大嫌いだから。
地元在来線がここの鉄道会社のローカル路線なのだが、
こんな巨大な資金を投入してタワーを作るくらいなら、
うちの方の在来線(単線)を複線化しろ!ってね。
挙句の果てに、このふざけた料金設定でますますお怒りモードっす
今回のお出かけも、ただでさえ私がたまに遊びに出る事だけでも苦々しく思われるのに、
ましてやスカイツリーを見に行ったなんて知られるとウザいので、隠密行動だ。
6個入りあげまんじゅうも、旦那には出さずにぎゃ坊と私だけで完食したさ。

で、J子と「開業して落ち着いた頃に、私らだけでまた来ようね」と。
やっぱり家族より友達とのお出かけが楽しいわ~
ぽよんの発達遅滞な日常 2011.06.16 (木)
昨日、日中一時支援の契約に行ってきました。
前回、初めて行ったときはエライ目にあったので、
今回はナビ子は信用せず。

一応 場所の確認のために目的地設定はしたが、
すると妖怪ナビ子は やはり前回同様の舗装されてない山道に誘導する。
無視して国道の方から回り込むルートで行ったけども、
交差点のたびに「この先、左折です」と、どこまでもしつこく誘導しようとする。

こんな魔女に負けないように、前回の帰り道で、
何ヶ所かに『小石』を散りばめておいたのだ。←ヘンゼルとグレーテル作戦
 小石 = 地点登録 
ナビの地図上にも載っていない道無き道であるが、
地点登録したフラグマークを目指せばだいたいの目安になるぞ。

しかし、小石の数が少なかったため、いつしかまた迷っていた。
前回、「そうだ、次に来る時のために地点登録しとこう」と思いついたのが、
施設を出てからけっこう進んだ後だったので、
施設のごく近い周辺になると、けもの道の枝分かれが入り組んで迷走状態。
ナビの地図上ではすぐそこにあるのに、どうしても行きつけない魔の道だ。
そうこうしているうちに、前回も迷い込んだ 姥捨て山 老人ケアホームがあったので、
そこから記憶をたどり、回り込んで何とか到着した。

ちなみにどんな道かと言うと、こんな道だ。
山道1  山道3  山道2

の状態の道を進んでいると、の状態の舗装された道がものすごくありがたく思える。
しかも、今回は3度も対向車に鉢合わせる事態になって、
かなりピンチだったっす
しかし、ナビ子の誘い込むルートは、これに輪をかけて雑草が生い茂り、
アップダウンも激しい泥濘の道なので、これでもマシなルートなんす

日中一時の契約は滞りなく済み、現在利用中の中学部の女の子に合わせて
水・金の利用にした。

帰り道では、細かく小石を散りばめてきたのは言うまでもない。

さっそく明日の放課後からお願いできる事になったので、
明日は夕方5時過ぎまでフリータイムだ!きゃっほ~
夏休みは、午前中10時頃からOKとの事。
ただし、夕方は自宅まで送って来てくれるが、自宅へのお迎えは出来ないので、
向こうまで送っていかねばならない。
片道15キロ弱で30分近くかかるので、何だったら福祉タクシーを利用しては…?と
施設担当の人から提案された。←中学部の女の子はそうしてるらしい
しかし、福祉タクシーの利用は申請してないので、その辺の事を
家に帰ってから福祉コーディネーターのKさんに電話で問い合わせ、
さらにKさんの紹介で福祉タクシー会社に問い合わせてみた。
すると、我が家からその施設までだと4~5千円かかってしまうらしい。
(市の福祉タクシー補助もあるが、MAX1000円までしか出ない)
それならタクシーに頼ってまで預ける必要性は感じないわ
夏休みの利用は必要最低限に控えて、利用するときは私が自分で送っていくしかないな。
学校までは迎えに来てもらえるから、登校日に利用しようっと
ぽよんの発達遅滞な日常 2011.06.08 (水)
最近、平穏無事すぎて、すっかりブログネタを見失ってしまったわ。
いや、旦那の愚痴ならば、みっちり3ページくらいに亘って書けるけどもね

今日は支援学校の小学部PTAの新入生歓迎会を兼ねた懇親会。
その中身は、学校近くの寿司・和食のお座敷宴会場でのランチ会だ。
私はクラス委員なので、11時開始のところ、30分前に集合。
しかし、会場準備中の11時直前、学校から呼び出し電話 ←嫌な予感、的中

実は、2.3日前からぽよんが咳をするようになってて、
昨日は夕方から熱も出てきたんだわ。
つっても、37.3度という微熱で、いつものように元気も食欲もあり、
咳き込みがひどくなってきた以外は特に問題はなく…。

で、一晩経った今朝は37度と微妙な体温。咳はなおヒドイ。
しかし、私は親睦会があるんで、連絡帳に
「微熱っぽいけど、元気はあるので登校させます。
私はPTA親睦会があるので、そっちに行ってます。
あまり調子が悪くなるようでしたら、連絡ください」

と書いておいた。
言外のニュアンスは、
『多少 熱が上がっても、よほど調子悪くならなきゃ連絡しなくていいからね』
だったんだけども…。
私の意図するところは伝わっていなかったようだ

「37.8度まで熱があがってしまいました。迎えに来てください」と。

でも、そんなにすぐ抜けられないので、準備が終わって、
4年生のお母さんが集まってきたところで連絡事項を告げたり、
ランチ代の集金したりしてるうちに会が始まり、
校長の話とか小学部主事の先生の話とかの途中で退席するのも憚られ、
電話もらってから小1時間は経ってしまった。

保健室に迎えに行くと、やっぱり元気で機嫌もいい。
家に帰ってから、手つかずのままテイクアウトしてきたかつ重
(こんなこともあろうかと、タッパー持参していった抜け目のなさ
も、半分以上ぽよんに食べられてしまったわ
どうせなら給食食べて来てほしかった。
そしたら私もかつ重独り占め、さらに汁椀も茶碗蒸しも平らげてきたのに。

元気だけど、やっぱり咳がかなりひどくなってきたので、
一応さっき小児科を受診してきた。
気管支炎とかは心配ないようだ。

本来は、午後3時から歯医者の定期健診の予定だったんだがね。
元気はあるし、予約の取り直しは面倒だし、連れて行こうかと悩んだが、
診察中に咳き込むと大変だし、天気もぐずついてる中、
小一時間かけて通院するのも億劫になったので、キャンセルの電話をした。
しかし、その時に次回予約は取れなかった。
担当医は診察曜日が限られているうえ、来月は既に予約がいっぱいで、
8月の予約はまだ予定がハッキリしていないので受付できないそうだ。
7月早々に予約の電話を入れなおさねば。
メンド~!!


ついでに、長くなるけど歯医者通院もなくなってヒマになってので、
今年の役員の中で、小学部の部長について書いておこう。
この人が、実はちょっと私とかかわりのあった人だった。

クラス委員になることが決まって、その日に部長さんから「よろしく」のメールをもらった。
名前を見て、知人Tさんと同姓同名だと思った。
その人、苗字も名前も、個別に見れば特に珍しいものではないんだけど、
この苗字にこの名前の組み合わせって、ちょっと印象に残るよな…って感じ?
そんで、「へ~。こんな同姓同名の人っているんだなぁ」と思ったんだが、
それ以上は何も考えなかった。←少しは考えろ
で、「こちらこそよろしくお願いします」と、
ちょいと取り澄ました返信メールを送っておいた。

そのことを少し考えたのが、翌日になってから。
「そういえば、知人Tさんって、一番上の子がぎゃ坊より1コ下だったから、小6か?
以前、ちょっと軽い発達障害があるらしい って話を
チラッと聞いたことはあるけど、まさか…?」

と思って、小学部の名簿を見たら、6年生の所にTさんの長男の名前発見!
同姓同名の別人ではなく、本人だったのだわ。

そもそもTさんとの元々の繋がりは、子どもの障害繋がりではなくて、
今から10年前、ぽよん妊娠中の時に登録していたメーリングリストの仲間だった。
たしか、『H14の1~3月出産予定ママ』の交流のメーリングリスト…?だったと思う。
↑多少 記憶がおぼろげ。『H13年度生まれの子のママ』だったかも?
メーリングリスト自体は、出産後もしばらく登録して、
何人かと個人的にメールしたり、オフ会したりもしていたが、
育児が忙しくなってくるにつれ、だんだん疎遠になってきて、
いつのまにか自然消滅となっていた。

その中のメンバーの一人が、Tさんだった。
で、奇しくも同じ市内に在住で、通っている産婦人科も同じってんで、
しばらくメールのやりとりをしていたのさ。
何回か、病院で顔を合わせたこともある。
しかし、何度かTさんのメールアドレスが変わったり引っ越し(市内だけど)があったり、
だんだん連絡が途絶えがちになり、年賀状だけのやりとりになり、
更にそれも2.3年前から無くなっていた。

しかし、数年前までの年賀状にも長男君が特別支援学校に行ってるって事は
それまで一言も触れられてなかったので、
(私はぽよんが入学する年には支援学校入学する旨、書いたんだけど)
まったく知らなかったのよ~
なので、わざわざ意識して高学年ママさん達の顔や名前をチェックすることもなく、
行事とかのたびに校内ですれ違ったりはしてたんだろうけど、
アウトオブ眼中であった。
もちろん向こうは気づいてたけど、私の見事なスルーっぷり
「忘れられてるのかも…」と、あえて声をかけることはなかったんだとさ。

いや、言ってくれれば良かったのに~。
せめて、役員連絡のメールの時にでもさ。
猫かぶりのお澄ましメールしてしまって、ちょいと こっ恥ずかしかったわ~