家庭用ゲーム

All archives    Admin

11月≪ 2010年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010'12.31 (Fri)

年内最後の大掃除。

大晦日。
気持ちよく新年を迎えるための大掃除の〆は…

町内大掃除

腸内大掃除@ぽよん でございます
今年の〆の記事がコレって…


冬休み前に、4日分ほど詰まってにっちもさっちも行かず浣腸したんだけども、
その後、冬休みに入って数日は順調だった。
ところが…。

2.3日前からぽよんが風邪ひいてて、鼻がフガフガしてて寝苦しいのか、
夜中にむっくり起きて、2時間も3時間も歯ぎしりしたり布団をバサバサ叩いたり。
ちゃんと寝かせようと、何度も横たえたが、すぐむっくり起き上がってしまう。
↑その横で私も眠れない日が続いていた
真冬の夜中にそんな事をしてるもんで、風邪がますます悪化して、
痰がらみの咳がひどくなって余計に寝られなくなってるし、
熱も出てきて、昨日は1日中顔も体も熱かった。
37.8度くらいあったかな。←暴れてちゃんと測らせてくれないから母の手体温計による推測
それでもぐったりしてる訳でもなく食欲もあるから、病院には行かず、様子見で。
今の時期は下手に病院行くと余計なものまでもらってきそうだしね。
そもそも、かかりつけ小児科は既に年末休業に入ってるし。

こんな状況で、便通の事は後回しになってしまっていた。
それが気が付けば26日を最後に出ていない。
(学校から、冬休みのしおりの中の予定等を書きこむ部分に、
『快便の日にシールを貼りましょう』な課題が出ている。←ぽよん限定の課題)
もう5日になるわ~。ヤバいぢゃん

今月2度目の浣腸でございます。

さあ、これで掃除はすべて終了。


これから私の実家に行って、夕飯と蕎麦を食べてくるです。
兄夫婦も来るけども、口数少ない夫婦なもんで、
うちの旦那も「会話が続かなくて困るんだよなぁ」と。
ま、その気持ちは私もわかる。
実の兄ながら、まともな会話は兄が中学に入った頃からほとんどしてないし。
仲が悪いわけではないけども、ノリが合わないのよね。←超優秀な兄と、超いい加減な妹

夜中はぎゃ坊と除夜の鐘をつきにいく予定っす。

  では、皆様、よいお年を~  
14:17  |  ぽよんの発達遅滞な日常  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.28 (Tue)

今回の修理代は…。

キッチンの水道の蛇口からの水漏れがひどくなってきた。
浄水器一体型蛇口を使っているんだが、水を出してる最中とか止めた後とかに
ハンドルレバーの下やホースの継ぎ目から、ポタポタと…。
それがけっこうな量で、蛇口の根元部分に水が溜まってヌメッてくるし、
シンク下のホース収納兼水受けBOXに水が溜まるペースも早い。

実は、2年くらい前からその症状はあったんだけども、
特に冬場がポタポタがひどくて、夏場になるとちょっとマシになったりしてたんで
様子を見ながら今まで過ごしてきた。
修理を頼むと、またあの時みたいにボッたくられるんぢゃないかと思って、
なかなか踏ん切りつかなかったのよ。
でも、いよいよボタボタがシャレにならなくなってきたので、
メーカーに電話して出張修理を頼んだ。

電話する前、旦那が見てみたところ(水道関係の資格も持ってるんで)
おそらく継ぎ目の所のパッキンとか部品の消耗だろうから、
その部品さえあったら、自分で修理できるんだけどなぁ…と言っていた。
だが、資格は持っていても専門家ではない旦那に、
知ったかぶりの生兵法でいじられることに不安があり、
旦那には関わってほしくないのが私の本音
その辺のことをオブラートに包んで話して旦那を説得した。
「俺だって専門家なんだけど?(←資格持ってるだけで、職にしてるわけじゃないやん)
修理代・出張代がもったいない」
とブーブー言っていたが。
とりあえず最初は様子見で、ちゃんと専門家(←職業としての)に見てもらった方が安心だし、
その結果、部品の交換で簡単に直るようなものなら、
その部品の購入方法を確認して、次回からは旦那にやってもらおうと。
今回、修理代・出張料を払うことになっても、勉強代ってことで。

・・・う~ん、でもいくらかかるかなぁ
あの時みたいに、出張代3000円+技術料+部品代?


で、今日、来てもらって直してもらいました。
水垢でくすんでいた蛇口が眩くピカピカ
どうやら、部品だけではなく、蛇口全体を新しくしてくれたみたいだ。
しかも、蛇口を伸ばして出てくるホース部分もピカピカに銀光りしている。
このホース部分も取り替えてくれたらしい。
その上、シンク下のホース収納水受けBOXも、取り外しが楽なタイプに付け替えられている。
うお~。
それはいいんだけど…
いったい おいくらになるんでせう?


「それでは、こちらの書類に確認のハンコください」
「あ、はいはい←気もそぞろ
「では、また何かありましたらご連絡ください」
「え…。修理代とか部品代とかは…?」
「お客様の場合、ナントカクラブにメンバー登録されているので、
10年間は保障期間で、メンテナンスは無料になります」




     ビバ、タダ!!


ナントカクラブってのは、浄水器カートリッジの定期交換の契約をしていると
そのメンバーになるらしい。
そうだよなぁ、カートリッジだって安くはないもんなぁ。
それを定期的(うちは4か月に1回)に交換してりゃ、
年間でけっこうな金額を払ってるんだもんね。
そのくらいのお得意様特典はあってもいいよな。←とたんに気が大きく

そうと知ってりゃ、2年前にちょっとポタポタが気になりだした時に依頼すりゃ良かったわ。
今、丸5年経ったところだから、10年目までにあと1回はメンテを頼もうっと。

あ、ポタポタの原因は、やっぱり部品の劣化で、
その部分ってのは消耗品だから3~5年で交換が通常のパターンらしいっす
23:30  |  徒然な雑記  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.25 (Sat)

年の瀬。

小学校も支援学校も、24日から(実質的には天皇誕生日の23日から)
冬休み突入しました。
カップ麺と冷食とレトルトの準備は万端っす!←これぞ主婦の鑑(勘違い)

さて。
去年は、何とな~く怪しんでる気配があったものの、
それでもまだギリ の存在を信じていたっぽい。
しかし、今年はついに魔法が解けたもよう。
「サンタって、親なんでしょ?」ってさ。
ま、そんでも一応、昨夜枕元にプレゼントを置いておいたわ。

今年は特に「これが欲しい」という希望もなかったので、
夏頃にちょっとハマってたジグソーパズルにしたわ。
300ピースを簡単に作ってしまったので、500にするか1000にするか迷ったけど
とりあえず500にしておいた。
1000だとデカすぎて、完成した後の対処に困るからさ。←明らかに親の都合

ぽよんには、大好きな『みいつけた!』のキャラクターグッズにしたわ。
ダンシングサボさん と おしゃべりコッシ―

そういえば、去年ってぎゃ坊には人生ゲーム激辛version(あっという間にブームは去った)だったが、
ぽよんには何にしたっけ?
まったく覚えてないってことは、テキトーにお茶を濁したんだな。


クリスマスも終わると、いよいよ年末だわ。
まずは年賀状作りをしないとね。
それには、旧PCの時の筆王で作った住所録を、こっちのPCにインポートしないとなりません。
でもこのPCには筆王が入ってないから、厄介だわぁ
こんなことやってたら、きっと
大掃除なんかやってる余裕はないわね。←大予言
ああ、お掃除したいのに~ん!
残念残念、ああ残念 ←棒読み
10:07  |  徒然な雑記  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.20 (Mon)

感想は…『☆☆☆』

『KAGEROU』、読みました。

図書館で、新刊の予約受付開始日を「この日から」って制御されるってのも、今までにない特殊な例だったけども、
その新刊の発売日に図書館に新着図書として入ってくるってのも、
異例中の異例な事だったわ。
たいてい新刊が出ても、図書館の蔵書として購入されて貸し出しされるようになるまで、
2週間~1か月くらいはタイムラグがあるのが通例なのに。

ともあれ、栄光の予約順位1位で、さっそく借りてきた。
で、アマゾン的な評価で表すと、私的には☆3つってとこっすね。

それこそ、アマゾンのレビューを見るととんでもない状況になってるわね。
私は16日に借りてきたんだけど、発売日の15日の夜にアマゾンを見たら
すでにレビュー数200件を超えててビックリ
しかも、すげぇ酷評ばっかり。
でも☆5つの評価もけっこうあったので、それを読んでみたら…。
それさえも逆説的に…ってか、おふざけ(ネタ)で☆5つのレビューを書いてる人たちなのね。
『燃やして暖を取るのにいい。炎から陽炎が見えた』とか『鍋敷きにピッタリ』とか。
その人たちのほとんどは、本は読まずに尻馬に乗っかって遊んでるだけだろう。
面白いけど、参考にはならないわね。

さてさて、では、以下よりネタバレ満載で感想行ってみます


『命』をテーマって事で、また『不治の病の少女と知り合って、彼女の死を目の当たりにして…』
なんてパターンかと思っていたが、その手の話ではなかったのは一安心。
ちょっと異色な臓器移植の話でした。
移植だけに異色。なんちゃって。←主人公のマネしてみたw オヤジギャグ満載(笑)

まず、最初に本をパラ見した時の第一印象が、
「文字、でかッ! 空白、多ッ!!だった。
一瞬、「これって児童書だったっけ?」と思ってしまったわ。←ポプラ社だしね
思わず、同時に借りてきたもう1冊の本(桜庭一樹『伏』)と、文字数を比べてしまった。
『カゲロウ』…38文字/1行, 14行/1ページ
『伏』   …42文字/1行, 17行/1ページ  だったわ。
で、本1冊のページ数は倍半分。
やたら空白が多いのは、ストーリー展開をセリフのやりとりに頼っているせいね。

んでも、世間でバッシングされているほどつまらない作品だとは思わなかったわ。
稚拙だと思う部分はチラホラあったけども、それなりに面白く読み進んだ。
少なくとも、東京のシンボル的観光名所をモチーフにした話や、
関西弁をしゃべるの説教話より面白かった。←あれらを読むのは苦痛だった
ただ、文芸小説としての『大賞』の価値があるか?と言われれば、
やっぱり「無い」わね~
『大賞受賞作品』という鳴り物入りではなく、
素人の携帯小説の書籍化作品や、流行りの『タレント本』等といったレベルで出版してりゃ、
世間的にも「なかなか面白いじゃん」と受け入れられたんじゃないかと…。
更に言うなら、最初のパラ見した時の第一印象通り、
これは一般文芸小説というより、児童書やジュブナイル小説向きではないかと思ったわ。
あらすじが発表された時の「ラノベっぽい」って印象、まさに当たってたわ。

なので、受賞した時に噂されていたゴーストライター説は『無い』と思ったが、
出来レースだろうという噂は『有り』だと思った。
少なくとも、「齋藤智裕=水嶋ヒロだったなんて知らなかったも~ん」という出版社側の話は
「嘘つけ!と思うです。

ついでに…
ちょっと気になったのが、ラストの方で、『キョウヤ』(レシピエント)の名前が
シールになってる所が1か所あるんだけども。
狙ったんだろうけど、でもどうしてここの部分で?と疑問だったわ。
どうせなら、手術後に初めて意識が戻った時に使えばいいのに、と。
そのシールの下がどうなってるのか気になって剥がしたくなったが(笑)、
さすがに図書館の本なので我慢して、日に透かして見るだけにとどめた。
『ヤスオ』(主人公でドナー)になってたら面白いのにと思ったけど、
何か書いてあるのか何も書いてないのか、日に透かしただけではわからなかった。

それと、ストーリーの中で『宿題の答え』として『29ページと30ページにはあいだがない』ってのは、
よく意味が分からないものの、その場でサラッと読み流してしまったけど、
私の後から読み始めたぎゃ坊が「29,30ページの数字だけ、なんか変だよ。なんで?」
と言ってきたんで、それで確認した時に、『あいだがない』の意味を理解したわ。
けっこう遊び心のある作りになってるんだなぁと感心しつつ、
しかしそのエピソード自体の必要性は感じられず…。
伏線としては浅いかな、と。
やっぱり児童書向きだと思うわ。

必要性と言えば、主人公を40過ぎのオヤジにしたのも、なんだかなぁ
その人物の描写自体にも深みはないけど、
どうせだったら、著者と同年代の20代の若者にした方が、この話には合ってる気がする。
世間を甘く見て生きてて、死のうとする動機もイマイチ重みに欠けてる部分で。
あえて40代のオヤジにする必要性っていったら、寒いオヤジギャグを言わせることくらい?


総合所見 小学校高学年~中学生あたりが読んだら、面白いんじゃないか?
10:10  |  読書・映画・TV  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.16 (Thu)

不要なPCの行く先。

旧PCを処分しました。

PCのデータって、表面上だけ削除したり初期化したりしても
根本的な部分ではしっかり残っているので、ヲタク専門家にかかると復元可能らしいんで、
うっかりリサイクル屋になんか持っていけないよねぇ。
一番いいのは、ハードディスクを物理的に壊すことだってんで、
それは旦那に頼んだんす。
PC本体のカバーをあけて、配線がゴチャゴチャしているのをほじくり返して
何とかハードディスク部分を取り外すことができた。
でも、それを物理的に壊すって言っても、かなり頑丈で、
金槌で叩いても ビクともしない。←が踏んでも壊れなさそう
で、銀色の円盤部分にギリギリと傷をつけて、たぶんこれで大丈夫だろう、と。

しかし、これをまた元に戻す作業はちょっと無理っぽい。
旦那、他の細々した部品もチョコチョコ取り出してたし。
↑基本、機械ヲタ(PC操作には疎いけど)
んで、ざっとまた本体のカバーを元に戻して形だけ整えて
(ハードディスク部分はそのまま取り外したままだけど)、
新しいPCをヤ●ダで買った時に、PC下取り優待券とかいうものをもらってたので
そこに持って行きました。

下取り優待ってのは、
査定額に10%上乗せします。
査定がつかないものでも、特別に100円で引き取ります。
ただし、あまりに古いものになると0円って事もあります。

ってな趣旨のものだった。
私は最初から査定なんか期待してなくて、タダでも引き取ってもらえるだけありがたい、と。
PCの中身も、かなり分解して使い物にならない状態にしてしまったし。
新PCを買ってから2か月も経ってるし。
逆に、もしかしたら処分代を請求されないか?と心配していたくらいっす。

2003年かそこらから、PCリサイクル法とかいうのが出来て、
その時期以降のPCには販売時に最初から処分料が含まれてるから、
メーカーに連絡すれば着払いで引き取ってもらえるけども、
うちのPCはそれより古いものだったんで、メーカーに送ると
処分代として6.7千円くらいかかってしまうのよね。
もしヤ●ダでもけっこうな処分料をとられるなら、廃品回収業者に出そうかとも思ってた。

だけども、ちゃんと引き取ってもらえたわ。
「このハードディスクを取り出すのに、かなりゴチャゴチャにいじってるんですけど」
「ゴチャゴチャでも中身がそろってれば大丈夫です」
↑いや、けっこう取り出してた部品もある気がする…けど、ま、いっか
で、査定額も100円ついたわ。
しかも、本体100円+液晶モニターも100円で、合計200円。ラッキー
メーカーに送るより手間もかからないし、良かった


あ、そういえば、さらにもっと古い初代PC(win98)も、まだ処分せずに残ってたっけ…。
これこそ100円になんてならないだろうけど、そのうちまた持って行ってみようかな。
しかし、旦那にまた中身の分解作業を頼むのは、なんか抵抗あるんだよなぁ
ああいう旦那なので、メンドクサイ作業とかって頼みにくい人なんすよ
今回のも、頼むのにけっこう気を使って気を使って気を使いまくって、やってもらった感じだし。
いや、別にハッキリ文句を言われたり嫌な態度をとられたりするわけじゃないんだけどさ。
なんてゆーか、まあ、色々とねぇ…。
その辺を愚痴りだすと、また違う方向に話が行っちゃうんで、やめとくけど
13:27  |  パソコン・モバイルと格闘  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.13 (Mon)

爺と孫の温度差。

寒い~。寒い~。 ブルブル

巷では、ウイルス性の疾患が流行ってるっすね。
今日は、本来は6年生は体験学習で中学校に行く予定だったけど、
金曜の夜に連絡網が回り、『ノロウイルスが流行っているので延期』となった。
それから、6年生はまだ一人も犠牲者はいないけど、
他学年では感染性胃腸炎(これもノロか?)が流行っていて
学級閉鎖にもなったらしい。
その影響で、しばらくの間、部活動も無しになった。
朝30分寝てられるわ。わーい

ぎゃ坊は昨日から咳と鼻水が出始めたけど、本人は「風邪じゃない」と言い張ってる。
明後日の校外学習、無事に行けるといいけどねぇ。
思えば、1年の時の小学校での初めての校外学習は、具合が悪くで休んだっけね


ところで、実家の父が土曜にいきなり2回にわたって吐血して、入院したんす。
母から連絡もらった時はビックリして、「もしや胃癌?」とか思ったけど、
胃潰瘍らしいわ。
胃潰瘍の中でも、レベル的にはけっこう進行してるっぽい。
1週間~10日ほど入院ってことで、今日、様子を見に行ってきたけど
元気そうだったわ。
点滴だけで、ウガイ以外は何も口に入れさせてもらえてないらしく、
「腹減ってしょーがねぇやとボヤいていた。

で、前から、ぎゃ坊の誕生日プレゼントとして、
じーちゃんから自転車を買ってもらうことになってた。
てか、もう中学生になるし、ジュニア自転車はそろそろ卒業かと思って
「ちょうど誕生日もあることだし、新しい自転車を買ってやろうと思う」
という話を、1ヶ月くらい前にたまたま私が母にしたらば、後でそれを聞いた父が
「じーちゃんが買ってやる!」と言い出したのさ。
「その代わり、ぎゃ坊本人からじーちゃんに「買ってと頼め」 と
条件が付いたが。←孫におねだりされたいらしい(笑)

私とぎゃ坊の都合がなかなか合わず、ずっと自転車を買いに行く時間が取れなかったが
昨日の日曜に自転車屋に行って買ってきたわ。
今日は、じーちゃんにそのことも報告してきたっす。

昨日のうちに、ぎゃ坊も連れて見舞いに行こうかと思ったけど、ぎゃ坊が
「え~。遊びに行きたいのに~。どーせ1週間くらいで退院できるんでしょ」
なんぞとボザきやがったのでね。
じじいの心、孫知らずだわね。ふっ
14:08  |  ぎゃ坊の日常  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.10 (Fri)

官房長官か歌舞伎役者か。

昨日の朝、ぽよんの学校の準備をしていて、
いつものように水筒に麦茶を入れて、フタをしようと思ったらば、
中栓が無い。

無い。無い。無い。

前日、いつものように中栓を2つに分解して洗って、
給食用コップ等と一緒にシンク横にあるトレーに入れておいたはずなのだが。
中栓のパーツ1個はあるが、もう1個が無い。

キッチン回りのゴチャゴチャさには自信があるので ←
洗ってその辺に適当に置いたお玉とか麦茶ポットのフタとか
肉・魚が入ってた発泡スチロールトレーとかポリ袋とかの隙間に入り込んでるのかと、
それらを掻き分けつつ探したが ←掻き分けるより片付けろ
やはり無いぞ。

他のプラスチックゴミと一緒にうっかり捨ててしまったかと、
燃えないゴミのゴミ箱を探したが(前日の納豆のトレーがクサイ)、無い。
他の生ゴミと一緒にうっかり捨ててしまったかと、
燃えるゴミのゴミ箱も探したが、やはり無い。
ぽよん繋がりで、使用済みおむつのバケツ型ゴミ箱も見てみたが、無い。

そうこうしてるうちに、もうスクールバスの時間が迫っているので、
もう今日は水筒は無し!
どうせ、水筒を持たせても、ぽよんは麦茶なんかほとんど飲まないので、
いつも30cc程度しか入れてないし。
(1年の時は、夏場しか持たせなかったけど、2年になってから、
「飲んでも飲まなくても、一応水分補給用に年間通して持たせてください」
と言われたんだよね。無駄なのに~)

日中、もう一度探してみたが、やはり無い。
さて、どうするか…。
ほとんど用がないのに、改めて水筒を買うのもバカらしい。
250ccの携帯用保冷保温マグがあるので、とりあえずそれで間に合わせるか。

                   

夕方、ぎゃ坊が帰ってきたので、給食袋から箸やナプキンを取り出す。
おしぼりのケースのフタを開けて、びっくり中栓姫

な・なんでこんなところに~!?
「竹を割ったらかぐや姫」な時の翁の気持ち?
ビックリの後に、おもわず大爆笑なシャナ助でした


ちなみに、ぎゃ坊はおしぼりを使うことがないので、気づかなかったそうだ。
ってか、おしぼり、持って行ってるんだから使えよ。
「使わないなら、もう持っていかなくてもいい?」と聞いても、
「いや、一応持ってく」ってさ。めんどくさいのに~


しかし、こんな頓狂な行動をしていたとは、まったく「記憶にありません」
仙●健忘官房長官か、市川蔵のような言い訳をしてみる。

13:02  |  徒然な雑記  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.09 (Thu)

誕生日&持久走

一昨日はぎゃ坊の誕生日でした。

先週の土曜に、静岡のジジババがケーキ持ってやって来た。
今年は運動会に来れなかったんで、誕生日はぜひ来たいってね。
それも、私や私の実家の両親なんかは前から聞いてたけど、
旦那に言うと「なんで来るんだ。来なくていいのに」とかぶぅぶぅ言われるから
ギリギリ前日まで「行く」ってことは言わないでおく、なんて神経を使ってたわ。
でも、いきなり前日に「明日行くからよろしく」なんて聞かされた方が
旦那が不機嫌になるだろうから、それとなく私から前もって「来るんじゃないかな?」と
匂わせておいたけどね。
その日は、私と同い年の義弟も、珍しく一緒に来たわ。
義父の腰の調子が良くないので、たまたま仕事が休みになった義弟が
運転手として駆り出されたらしい。

日曜は、ぎゃ坊は友達のK君のお誕生日会に呼ばれて行ってきた。
10人くらい集まって賑やかだったらしい。
「ぎゃ坊も誕生会やりたい?」と聞くと、「メンドクサイからいい」ですってさ。
去年までは、K君やI君の誕生会に行くと、「オレも誕生会やりたい」って言ってたんだけど。
もっとも私はハナから「やってやろう」なんて気はなかったけどね

で、一昨日の誕生日当日は、ケーキは無し。
…にしようと思ったけど、スーパーのスイーツ売り場で小さいケーキを買って
おやつに出してあげたわ。←母が食べたくて買ってきた
夕飯は、言わずと知れた三種の神器。
 味の素冷凍ギョウザ
 フライドポテト
 納豆


ついでに、今日はこれから小学校の持久走大会っす。
6年生は1.8キロ走るらしい。
本当は昨日の予定で、6年男子の出走時間を見計らって見に行ってみたらば
会場の公園には誰もいない…
前夜から朝7.8時頃まで降っていた雨の影響で(9時にはすっかり晴れてたけども)、
公園のグラウンドがドロドログチャグチャなため、翌日に延期になったらしい。
しかし、今朝も外は晴れてるものの、夜中に降ったらしく道路は濡れてる。
さて、公園の状況はどうだろうかねぇ。
6年間、じわじわと順位を落としてきた持久走だが、←1年の時は6位で、去年は50番台だった
今年は部活で少しは体力がついたみたいで、試走では30位くらいだったって。←ちょうど真ん中へん


来週は遠足(校外学習)@国会議事堂&科学技術館ですわ。
色々あった小学校行事もあと僅かだわ~。
09:38  |  ぎゃ坊の日常  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.01 (Wed)

さっそくやらかした。

さあ、12月1日ですわよ。
8:59に家を出て、図書館に件の本の予約票を持って行って、
借りていたCD&本を返却して、予約していた本を借りて、
ついでに入口の自販機でジュースを買って、家に戻ったら9:04でしたわ(笑)

んで、さっき図書館のサイトから自分の利用状況を確認したら
予約順位1位だったわ
ふっふっふ。
もっとも、小説の内容は、正直あんまし期待してないんだけどね。


今朝8時頃に、会社にいる旦那から電話がありまして。
「出勤途中、農道の車幅制限のポールに
ミラーをぶつけて壊しちゃった

ですと。

へへ~んだ。ばーか、ばーか。 ←あまりに品性がないので打消

オデ吉の頃から、私が車をこすったりぶつけたりした時はブツブツ言うくせに、何だよなぁ
普段、絶対的に私の方が運転する機会が多いから
しょっちゅう私が車を傷つけているように思い込んでるようだけど
(オデ吉を買い替える時にも、「せっかくいい車を買っても、こんな風に(当時のオデ吉)
ぶつけて傷だらけにされるとガッカリだし」
なんて失礼発言をした男だ)
運転頻度的に言ったら、私の5倍
旦那の方がこすったりぶつけたり側溝に落ちたりしてるぢゃんかよ。

自分の運転技術のヘッポコさを自覚してるなら、
車幅制限のあるところではミラーは畳めっつーの
実際、たまに旦那の運転で私が助手席に座ると、
ちょっと狭めの道での擦れ違い走行の時なんか、
左に寄りすぎて私がヒヤッとする事が多いもんな。

にしても、納車されてまだ1か月も経たないうちに修理かよ…
2.3万はかかるんだろうなぁ
10:38  |  徒然な雑記  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |