☆毘盧遮那庵の日常☆

☆びるしゃなあんのにちじょう☆  シャナ助のたわごとにお付き合いください。

エステ。

レシート 今日、ドラッグストアで買い物したら、また出たっすよ!
 びったし会計2000円也!
 この店、ポイント500点ごとに500円の商品券をもらえるんす。
 それを3枚まとめて使うと2000円分になるんで、
 今日はそれを使うつもりで(使用期限も迫ってたし)
 大雑把に計算しながら買い物かごに入れてたけども、
 ここまでピッタリになるとは思ってなかった。
 ↑2100円くらいのつもりだった
今年、3度目のピッタシ会計だわ。
アタシってば、紙が買ってるわ神懸かってるわ~


                        

さて、昨日、新聞の折込チラシの中に、市内にある某サロンのものが入ってきたんす。
そのサロン、ホテルも兼ね備えていて、年末年始の予約受付中とか。
部屋タイプは3つ。どんなもんかと見てみると…。
  気軽にお泊りタイプのスタンダード
  ストレスがかかりにくいタイプのジュニアスイート
  長期旅行でも安心BigRoomタイプのスイート

さらに、このサロンのエステでは、おすすめポイントとして
  血行促進
  皮膚洗浄
  体臭緩和
  新陳代謝
  免疫力UP 
  リラックス効果  などなどが挙げられており。

その【選べるエステコース】のメニューも充実。
  温泉
  アロマ浴
  泥パック
  肉球角質ケア


ああ、私もお犬様 になりたい。



最近、ネタがないので…。

我が家の目と鼻の先にある図書館(別名・シャナ家書庫)で、
ここ最近も色々借りてます。

宮部みゆき、本多孝好、三浦しをん、有川浩、道尾秀介。
この辺は、たいてい発売の1か月くらい前に、某サイトで新刊情報が出たら
すかさず予約リクエストを出しておくので、ほぼ一番乗りで読むことができる
3番くらいになっても、人気作家の新刊は複数冊購入されるし~。
宮部みゆきなんか、新刊発売後にうっかりしてると100人超えの予約になるので
そんな中で一番乗りで読む醍醐味はまた格別である。
私以上の強者もわりといるので、5~10番目あたりに出遅れることもあるけどね。

しかし、たまにネットの新刊情報に出てなくて(出版社の関係?私が見落としてただけ?)
発売後に売上ランキングとかで出てきてからとか、図書館の新着情報を見てから気づいて
慌てて予約を入れることもある。
湊かなえの『往復書簡』は、まさにこのパターンで、9月末に予約を入れたら
すでに予約待ち40番くらいになっていた。←現在は12番目

最近読んだ本で、伊吹有喜はほっこり&じんわり系な話で、なかなか面白かった。
ちょっと前に話題になってた『悪人』は、映画化という話が出た頃、興味を持って読んでみたが
私には全く面白くなかった。←登場人物がみんな軽くてバカ過ぎとしか思えない
昔はよく読んでたけど、ここ2.3年は飽きて読まなくなってきたのが、東野圭吾。


さて、今、出版界で話題といえば。
やっぱ齋藤智裕『KAGEROU』でしょう。
これはやはり読んでおかねば
ってんで、「12月に出版決定」のニュースが出たその日、
さっそく図書館に予約票を出したんだが…。
「これはまだ予約の扱いをどうするか決定されてないので、
とりあえずお預かりしますが…」
と言われ、その日の夕方に電話があり、
「まだ出版社が正式決定されていないので、現時点での予約受け付けはできません。
お預かりした予約票はこちらで破棄させていただきますので、
後日、改めて出してください」
だとさ。
出版社が決まってないって…? そんなのポプラ社に決まってんぢゃん?
で、1週間後くらいにまた出してみたら、
「これは12月1日から予約の受付を開始します。
9時からいっせいに、市内すべての図書館(4か所)で受け付けしますので、
順番は多少前後することもあるかと思います。ご了承ください」
って。
そして昨日図書館に行ったときには、カウンターに
『齋藤智裕『KAGEROU』 12月1日9時より予約受付開始』
の札がデカデカと書かれていた。
なんか大御所作家の新刊よりも特別扱いだわねぇ。びっくりだわ。

とりあえず、12月1日9時になったら出向いてみようっと。←なんせドアtoドアで徒歩30秒
何番目になるかなー?



W文化祭と那須。

先週半ばから、慌ただしくすごしてました。

木曜は、支援学校の文化祭の予行で、
今年も小学校と支援学校の文化祭がダブルブッキングだったので、
当日(土曜)のぽよんの舞台発表が全部見られるか分からなかったんで、
念のため、木曜の予行を見に行き、ビデオ撮影もした。

金曜は、10時から支援学校のママ友と集まってランチをした後、
12時からバザーの前日準備のため、学校へ。
保護者全員で(来られない人もいるけど)値札付けや会場整備とかの作業をやった。

で、土曜日13日の文化祭当日。
ぎゃ坊がクラス展示の担当を受け持つのは前半(8:30~9:40)だというので、
8時半にぽよんをスクールバスに乗せた後、そのまま小学校に朝一で見に行って、
ぎゃ坊の様子だけ見たら、すぐに家に戻り、支援学校へ。
小学部低学年(1.2.3年)の舞台が10時頃から始まる予定で、
ギリギリかなぁと思っていたが、けっこう余裕で間に合ったわ
予行を見てたおかげで、舞台の流れも分かっていたから、落ち着いて見られたわ。

低学年の舞台発表だけ見た後、ちょうど10時半から模擬店も始まるので、
小学部高学年や中学部の発表は見もせず、焼きそば売り場と焼き菓子売り場と野菜売り場を回った。
当然、他の保護者の方々は、夫婦(だけにとどまらず、兄弟・祖父母の家族ぐるみ)で来ていたが、
我が家は私一人で単独行動だ。
旦那は、会社の上司に言われて、何やらの講習会に出席しなきゃならないとかで…。
もっとも、その講習会の話が出てくる前に、
「今年の文化祭もぎゃ坊とぽよんの日程が重なった」という話をしただけで、
旦那は【どっちの学校に付き合わされるのも面倒】オーラが出まくりだったんで、
「どっちにも来なくていいよ」とは言ってあったけどね。

ちなみに、小学校の方も、子ども達は11時半頃に下校になり、
その後は家族と合流して模擬店でお昼を食べたりゲームに行ったりするんだが、
ぎゃ坊は一人で前売りで買ってあった食券のおにぎりやジュースや駄菓子を交換に行き、
そのまますぐ家に帰ってきたようだわ。
(「友達とまわれば?」と言ってあったんだけど、面倒だから一人の方がいいってさ)

支援学校で模擬店を一回りした後、教室で時間をつぶしていると、
子ども達が教室に戻ってきて、家族単位でお昼を食べる。
事前に注文してあったお弁当とか、模擬店焼きそばとかね。
ぽよんにも昼を食べさせ、トイレも済ませると、私は午後はPTAバザーに行く。
支援学校のバザーは、基本的に保護者全員でやる事になっているんす。

バザーは、一般客より先に、学校の児童生徒が先生に連れられて500円の小遣いで買い物をする。
それぞれのお母さん方は、我が子が変なものを勢いで買いそうになるのを必死で止めに入ったり、
逆に、「ほらほら、これ、買って!」と自分が目を付けていたものを早々に子どもに買わせたりしている。
私の担当売り場(日用雑貨)にぽよんが来た時には、単3乾電池4個パック50円を2個買わせたわ。
ちょうど、その前日に体重計が電池切れになっていて単3電池が6本ほど必要だったのよ~。
ラッキー

そしてバザーも終わり、文化祭もフィナーレを迎え、子ども達は帰りの会、
保護者は後片付けをして、解散となりました。

                       

で、月曜が振替休日になるので、毎年のことながら、今年も日曜から泊まりでお出かけ。
一昨年は伊香保、去年はぽよんの七五三祝いも兼ねてじじばば総出で鬼怒川だった。
今年は、北陸の方で美味い寿司を食べるのをメインに宿泊は旅籠屋で済ませるか、
スパ(温泉)施設をメインにホテルサンバレー那須箱根ユネッサンか…。
旦那はどっちかってぇと北陸の寿司が希望のようだったが、
ぎゃ坊が温泉&プールがいいというので、行きやすい那須にしたわ。

那須に行っても、特にどこに寄りたいという希望もなかったので
日曜の朝はゆっくりめに8時半に家を出て、それでも2時間ほどで那須に着いてしまった。
とりあえず那須ガーデンアウトレットで時間をつぶす。
それでもまだまだホテルチェックインまで時間があるので、トリックアート館に。
しかし、ぎゃ坊は「行ってみたい」と言った割に、妙に照れてノリが悪い。
こういう所は恥ずかしさを捨ててノッてくんなきゃ楽しくないのに。
実は昔(11年前の9月)、赤んボのぎゃ坊を連れてきたが、
その時の方がノリが良かったぞ。
ぎゃ坊が冷めてる分、ぽよんで面白写真を撮って遊んだわ。

15時過ぎにホテルにチェックイン。
宿泊は、フォルストヴィラ館のメゾネットタイプの和洋室。
本館のスパまでは外に出て歩いて移動。
4時頃からアクアヴィーナスに入ったが、プール大好きぽよんが
ハジケまくりでアドレナリン大放出。楽しんでくれて良かった。
4時半ころから薄暗くなってくると、イルミネーションも灯りだして、きれいだった。
夜、外のホテル敷地内中のイルミネーションは見事だったわ。

翌日は、すぐ帰るのも味気ないので、那須ロープウェイへ。
今の時期、紅葉がさぞかし見頃だろうと思っていたが、甘かった。
天気も曇りでいまいちスッキリしてなかったが、駐車場に着くとチラチラとが舞っていた。
紅葉はすっかり収束し、むしろ見渡す限り彼の腹枯れ野原。那須
ところどころに積雪の塊もあり、
展望台に行っても何も展望できず、→
寒風ぴゅーぴゅーで寒みぃ寒みぃ。

帰りは高速は使わず、国道4号で戻ってきました。


バタバタな金曜。

一昨日の金曜、旦那の通勤用自動車が納車になった。
決まるまでにも、すったもんだあったけど(主に旦那が一人でゴチャゴチャ言っていた)、
その辺のことは書く気力も出ないので割愛。

保険をどうするかってのも、私に丸投げでね。
「安けりゃどこでもいい」ってさ~、んなこと言って、実際に何かあったら文句言うくせに

しかし、どこかには入らなきゃならないし、
安さで選ぶというなら、試しにネットで自動車保険の一括比較を申し込んでみた。
同じ条件(対人・対物は無制限、車両は無し、人身傷害・搭乗者傷害は最低ライン)で、
年間保険料が3万数千円から6.7万程度までけっこうバラつきがあった。
旦那の会社で提携している保険もあったけど、そこそこの保険料で、
それならネット見積りでダントツで一番安かった3万数千円のSBIとかいう所でいいか、と。

でも、ネット型通販保険ってのも、信用面ではまだちょっと不安がぬぐいきれないので、
今までずっと我が家の車が入っている保険(J●共済←大手損保よりかなり割安)でも
見積りを取ってもらおうと、店頭まで行って相談した来たり。←納車前日の木曜に
それがネット最安だったところよりちょっと多めの40200円くらいでね、
数千円の違いなら、もうアレコレ考えるのもメンドクサイし、同じJ●共済でいいか、と。

金曜は朝一に車を持ってきてくれるというので、待っていたがなかなか来ない。
10:20頃に、やっと来た。

書類を取り交わし、支払いを済ませ、すぐに車検証を持ってをかっ飛ばし、J●へ。
この時点で、10:40
保険に関しては、前日に一通りの相談をして見積りもとってあるので、
後は車検証のコピーを取って契約書を書いて保険料を払うだけだから、
10分もあれば済むだろうと思っていた。

実はこの日は、1年3ヶ月ぶりに、かずぴーとランチの予定も入ってたのさ。
かずぴーに会うのは、去年の夏休みに温泉旅行に行って以来。
あ、正確には、温泉旅行から帰った翌日に、旦那の口撃でボロボロ状態の私を心配して
駆けつけてくれたけど。
去年の秋にもランチの約束をしてたが、私が新型インフルになったり、かずぴーが体調崩したり、
かずぴーの仕事がゴタゴタしてきて休みを入れていた予定を上司からひっくり返されたりで、
こんなに久しぶりになってしまった。
しかし、この金曜は、やっと確実に休みが取れそうって事で、水曜に連絡があり…。
こっちは納車と保険の手続きがあるけど、ランチは11時以降の待ち合わせなので、
朝一で車が来れば、余裕で保険まで手続きを済ませられる…はずだった。

しかし、この日、保険の窓口に出てきたおっさんってのが、まったく使えねぇ使えねぇ
↑本来の保険担当者(前日、サクサクと相談に乗ってくれたおっさん)は外出中らしい。
「あれ?なんでこの条件で入力するとエラーになるんだ?
昨日の見積書では、この内容で出来てますもんねぇ?
あれー?おかしいな…」とか言いつつ、端末に色々打ち込んだり訂正したり…。
そして、本部(?)に電話して、「ここをこうするとエラーになるんだけど」とか相談を始めた。
すでに時間は11時を回ってしまった。

かずぴーのアパートに、11時から11時半の間に行く、と言ってあるので、もう限界だ。
「今日はもう時間がないので結構です。帰ります」と。
おっさん、さすがに恐縮して、「午後1時には担当者が帰ってくるので…」と言うが、
「午後は来られるかわからない。来るとしても夕方になるので、窓口は閉まってますよね?」
「正面入り口は3時で閉まりますが、職員はまだいますし、6時まで端末も使えますから、
裏口のインターフォンを押していただければ対応できます」
と。

けっこうムカムカ来てたけど、今更、他の保険にするってのもメンドクサイし、仕方ない。
夕方の慌ただしい時に行くより、週明けの月曜でも…と思ったが、土日を挟んでしまうと
また旦那が(私に丸投げしているくせに)、ゴチャゴチャ言いそうだから、
なるべくその日のうちに手続きを済ませてしまいたい。

ので、かずぴーとランチした後はいつもの流れで我が家に寄るので、
ぽよんの迎えもすませた後、4時過ぎにかずぴーも一緒に
更にぽよんも引き連れて、散歩がてら行ってきたわ。
J●の裏口はかなり狭くて、ぽよんの車いすで通路をちょっと進んだけど、
段ボールやら備品やらが積み上げられてて、それ以上は車いすで進むのは無理
で、車いすは通路に放置して、かずぴーにぽよんを抱いて連れてきてもらって、
事務室を抜けて店舗の方にまわり、保険契約手続きをした。

まったく、こんだけ振り回されるのも、旦那の我が儘のおかげだわ。ちっ

かずぴーは、我が家で夕飯を食べてもらい(二日目カレーだったが)、
7時過ぎに帰って行ったわ。

今度は1年も間をあけることなく、そしてこんなにバタバタすることもなく、
ゆっくりとランチしたいものだわ。


6年生だもんねぇ。

来年からぎゃ坊は中学生でございます。←ぎゃ坊のくせに大丈夫か?
でもって、学区外就学を希望してるっす。

我が家の位置的に、学区はH中学になるんだけども、
I中学に行きたいのですよ。

ざっと、ポンチ絵で位置説明してみる。
通学路
これこのように、
我が家からだとI中学の方がメインストリートに出れば一直線で近い(約1.6キロ)のだが、
ピンク斜線部分はH中の学区になってしまって、うちから学校までは2キロ強ある。
(どっちの学校も、自転車通学は不可)
しかも、線路沿いの道路はセンターラインもない生活道路のわりに、
けっこうスピードを出して人の脇をすり抜けるように通っていく車が多い。
踏切を渡った後は、狭い遊歩道のようなところで車の心配はないが、
草むらや林に囲まれたケモノ道みたいなところなので、別の心配がある。

現在のI小学校からは、当然 I中学に行く子が多い。
部活の関係なんかで、多少遠くても市の中心地にある中学に行く子もいるけど。
あ、某有名私立の開●を受験する子もいるらしい。
我が家の近辺(子ども会世帯)では、どっちの中学も半々くらいかねぇ。

で、学校のカラーっつーか、特徴みたいなものを
それぞれの学校に通ってるお母さんに聞くと、

 H中の母の話
  うちの学校は、生徒も先生も和気藹々としていて、
  保護者同士もみんな仲いいし、すごくいいよ~。
  I中ってさー、なんつーか、教育ママ?っぽい人が多くて、
  堅苦しいみたいよ~。

 I中の母の話
  うちの学校は、部活も勉強もちゃんと力入れてて、
  保護者もみんなキチンとしてる人が多いし、すごくいいよ~。
  H中ってさー、なんつーか、元ヤン?っぽいママとか多くて、
  押しの強い人ばっかりみたいよ~。

なんて、どっちもどっちな話が出てくるのよ。オモロイわ~

でもまぁ、それぞれの言い分はわかるのよね。←それぞれ極端だけどw
H中の近辺って、わりと昔ながらの土地で、住民も親世代から地元の人が多い。
I中の近辺は、30年くらい前から開発されてきて、新興住宅地の人も多い。
そんな部分が、学校のカラーとして出てくるのかね。

で、通学ルートの事をおいといたとしても、ぎゃ坊にはI中の方が合ってるだろう。
しかし、「友達もI中に行く子が多いし、本人も何となくI中の方が合ってそうだから」
なんて理由では、学区外申請は認められないと思うので、
通学ルート面でちゃんとした理由があって良かったと思うわ

今日、市役所の学校教育課に申請してきたんだけどもね。
申請書に学区指定の学校・希望の学校、希望の理由なんかを書いただけで、
「はい、じゃあ受け付けておきます」と、終わってしまったわ。
もっと面談みたいなことをして、突っ込んでアレコレと聞かれるのかと思ってたので
ちょっと拍子抜け。
「何か確認する事が出てきたら電話で連絡します。
申請が通らない場合は12月に連絡が行きます。
何も問題なければ特に連絡はされませんので、このまま希望の学校に進学ということです」
だそうだ。

たぶん、大丈夫だろう


ところで、先週、授業参観&校内音楽会があった。
参観はテキトーに顔出しをして、午後からの音楽会も6年生の発表時間に合わせて
テキトーに出かけて行った。←メンドクサイ感たっぷりに

去年もそうだったけど、今年もぎゃ坊はソプラノのパートリーダーになったらしく、
放課後は4人のパートリーダー達で自主的に集まって打ち合わせしたりして、
それを通りすがりの先生にも褒められたとか嬉しそうに言っていて、
なかなか張り切っていたわ。

で、当日、ビデオで撮影しつつ見ていた。
小さい頃からそうだったけど、こういうイベント事ってぎゃ坊は張り切るのよねぇ。
大きく口をあけて体を揺らしてリズムを取りながら情感たっぷりに歌ってるわ
何の照れもなく、こんなふうに出来るのって、我が子ながらアッパレだわ。
ってか、むしろ見てる方がちょっと恥ずかしくなり、
正直、「をぃをぃ」と苦笑しながら見てたんだけどもね。
1曲終わって、2曲目に入ってちょっとしたところで、異変が…。

…おや?
なんですか?
ちょっと鼻の奥が、つーんとしてきましたよ?
…おやおや?
なんで?なんで?
目に汗がじんわり溜まってきちゃいましたよ?

ってか、ありえないっしょ、校内音楽会で息子の成長を見て泣くとか!
いやいや、ありえないから、マジで。
ちょっとアタシ!何 壊れてんの!?

目に溜まった汗を拭おうにも、手はビデオ撮影中で自由にならないし、
突然の事態に焦っていると、溜まった汗がさらにポロッ、ツツ~ッ
鼻筋に流れてきたわ ←自分の気持ちとは全く裏腹に

このままでは恥ずかしいので、ビデオがブレるのも仕方なし、手で拭ったけども
その後もポロポロ出てきて、ちょっと困ってしまったわ。
鼻水をすする音も(なるべく我慢したけど)、もしかしたらビデオに入ってるかも

たしかにね~、「6年間、色々あったわねぇ」と思い返したりはしてたんだけどさ。
このブログを始めたばかりの頃(4年前)の音楽会の時にも、
ぎゃ坊と周りの友達の間でちょっとイザコザがあったりして、
それを私は後ろの方でヒヤヒヤしながら見てたりしたもんなぁ、とか思い出してみたり。
さらに、私自身の精神コンディション的に、
旦那へのストレスでいくらか情緒不安定な部分もやっぱりあったんだろう。
こんなしょーもない親達でも、ちゃんと育っているんだなぁと思ったりしてね。
そしたら、なんか一気に、つーんじんわりポロッ、ツツ~ になってしまったのね。

ああ、自分にたまげたわ


 | HOME | 

プロフィール


庵主; シャナ

Author:庵主; シャナ
『毘盧遮那庵』へようこそ♪

 ぎゃ坊・大学1年
 ぽよん・特別支援学校 高1
  (最重度精神運動発達遅滞)
ふたりの子供に悩まされながら
テキトーな日々を過ごしている日常。

     美人妻


ポチッとしてみてね


障害児のための検索エンジンに 登録しています。

  •      障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  •      天使のWEB検索


カレンダー


10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブロとも一覧



ゆりえと愉快な仲間たち

二階から垂れ幕


ブログ内検索



リンク


このブログをリンクに追加する


RSSフィード