ストラテジー
☆びるしゃなあんのにちじょう☆  シャナ助のたわごとにお付き合いください。
プロフィール

庵主; シャナ

Author:庵主; シャナ
『毘盧遮那庵』へようこそ♪

 ぎゃ坊・大学1年
 ぽよん・特別支援学校 高1
  (最重度精神運動発達遅滞)
ふたりの子供に悩まされながら
テキトーな日々を過ごしている日常。

     美人妻

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
最近の細々した事を一気に書いてみる。

現在、猛暑が続く中、怠惰の小人さん絶賛居座り中。
小人さんに誘われるまま、ジュースやアイスコーヒーや麦茶を飲んで
アイス食べて、ついでにチョコ菓子や煎餅やスナックなんかも食べて、
夏中ダラダラしてたら、じわじわと身体が重くなってきた。
で、余計に動きが鈍くなる。
気が付くと、かつて頑張って約1年で10キロ落とした体重が、
既に4キロのリバウンド。
『ちょっとこのラインは超えるとマズイぞ』な数字にまで迫っている。
ぎゃ坊的に言えば、死亡フラグっす。
↑パソ子の一発変換・『脂肪フラグって、なんだかもう…

石油の代替エネルギーとして、中高年の脂を有効活用できたら、
地球のエネルギー問題はとたんに解決するんぢゃないかしら
アメリカなんて、世界一の資源大国だわね。
だれか、夏休みの自由研究でやってみないか?

とか、自分の現実から目をそむけて、地球の心配をするふりをしてみる。

とりあえず、気合入れてトレーニングルームに通うかな…。
でも9月はまだ暑いから、10月からかな。←とか言ってる時点でダメダメ


この前の金曜から、左耳の中で時々ガサガサ音がしていた。
つっても、いつも気になるほどガサガサしているわけではなくて、
軽いゲップみたいな息をした時(←『うっ…くん』的な)限定で。
耳垢の影響かと思って自分で耳掃除したけど改善せず、
そのうち消えるだろうと思っていたが、土日もずっと続いていた。
で、今日耳鼻科で見てもらったら、やっぱり耳垢の仕業だった。
ゴマみたいな大きさの小っさい耳垢なんだけど、
鼓膜の所に引っ付いてしまっていたらしい。
バキュームで吸い取られたけど、耳の中でブショーーーッと音が響いて、
吸い取る瞬間には小さいながらも衝撃があるし、
これじゃあ、ぽよんだって耳掃除されるのに暴れるよなぁ


耳垢もスッキリしたところで、今度は歯石取り。
歯医者さんの機具3点セットを楽●で購入したので、
気になっていた下の歯の裏側の根本に付いてた歯石をガリガリしてみた。
気持ちいいほど、ポロポロ取れたわ~
これなら、しばらく歯医者に行かなくていいや。
ぽよんの歯石も取りたいところだけど、暴れるから無理かな。
そういえば、定期健診の予約をそろそろ入れなきゃいけない時期だわ。


土曜には、ヤ○ダ電気に行ってテレビを購入してきた。
2.3日前に下見をしてあったので、購入機種は決めてあった。
東芝の32インチ。
いつ ぽよんにバシバシ叩かれてダメになるか分からないので、
10万も超えるような高級品ではなく、程々のお買い得機種で。

今の我が家のTVは、20年以上前に、
私が初めてのボーナスで買った25インチのブラウン管TVでございます。
これが去年あたりから、画面がユラユラと揺れたりするし(酔いそう)、
テロップの文字は潰れて読めないし、いい加減に限界が来ていた。

これで我が家も液晶テレビ&地デジデビューだわ。
あ、でも注文が多くて、納入は半月先とか言われたけど
夏休みもあと1週間だわ。ラストスパートね
いつものパターンで、ぎゃ坊は自由研究&読書感想文はまだ終わってない。
当然、私もぽよんの日々の記録とか、まったく手を付けてない。
「やってない」ってだけではなくて、終業式の日に内容をパラ見しただけで、
その後は放置したまま、文字通り一切手を付けていない。
あ~、メンド~…

夏休みの間に、できるだけ予防接種を済ませておこうと、
2週間ほど前に、ぎゃ坊の2種混合の2期追加を受けに行ったらば、
例によって往生際悪くゴチャゴチャと言っていたが、
ドクターに「いいから、早くそこにちゃんと座って!」と一喝されていたわ。
ああ、母ちゃん、恥ずかしッ
それと、おたふくも水疱瘡も、まだ罹っていないので、
「小学生のうちに罹らなかったら注射!」と、以前から言っていたとおり、
今週金曜には、おたふくも接種して来るわ。

ぽよんもまだ罹ってないのよねぇ。
もしや、うちの子ら、その手の感染症には、元から免疫持ってるのかしら?
乳児期にほとんどの赤ちゃんが経験するという突発性発疹さえ、
2人ともやってないし。


さて、昨日の事。
遊びに行ったぎゃ坊が、久しぶりに
1時間もしないうちにふて腐れて半ベソで帰ってきた。
「俺はDSiを持ってないからって、仲間外れにされるんだ」ってさ。
で、部屋に閉じこもって「どーせオレは新しいDSなんか買ってもらえない運命だ」
と、いじけて泣いているんだ。

実はその日、遊びに行く前に、我が家に迎えに来たK君も
ついにDSiLLを買ったそうで、それを見せられたぎゃ坊は大変羨ましがっていた。
K君が今まで持っていたのはDSライトだったかな。
で、遊びに行ったら、上記のように、他にも遊びに来た4.5人の人たちは
全員DSi、DSiLLを持っていて、皆で「うごくメモ帳」で遊んでいるらしく
ぎゃ坊1人蚊帳の外だったらしい。←誰かから、意地悪な事も言われたらしい

確かに、うちに遊びに来る子達を見ても、初代のDSを持ってくる子なんか
誰もいないのよねぇ。
ほとんどDSiか、たま~にDSライト(それさえ極少数)だわ。
他の家庭って、そんなにゲーム機をホイホイ買い与えるものなのかしらねぇ。
中には、親が率先してDSを改造したり、悪びれもせずマジコンを与えられたりしてる子もいる。
↑それは親が最低だと思うわ。
でも、やっぱりさすがにこの状況は可哀想だわ、と
ベソベソ泣いてるぎゃ坊に、鬼母もほだされてしまった

で、部屋に引きこもってるぎゃ坊のところに行って、
「そんな状況なら、買ってあげるよ」と言ったんだけど、ぎゃ坊は泣きながらも
「いい。買わなくていい。パパ怒るから」
「大丈夫だから。怒らないから」
「絶対怒るよ。いいよ、もう。
パパには言わないで。怒られるから、ホントに絶対言わないで。
いいんだ、オレはずっと今のDS使うから」
←ベッドに突っ伏して静かに泣きだした
ってな調子で、完全に旦那に対して萎縮してるのよね。

今回のDS問題に限らず、他にも何かと折々に
旦那に対しては、子どもなりに気を遣っている…ってか、
いや、やっぱ萎縮してるってのが現状だわね。
それは、ぎゃ坊に限らず、実は私もなんだけどさ
毎日、旦那のイライラメーターを横目で測りながら、
地雷を踏まないように、薄氷を踏む心地で接しているのよ。
表向きは、なごやかさ・何気なさを装いつつ、ね。
疲れるわ、ほんと。
これって、もしかして精神的なDVなんじゃないか…とも最近では思ってみたり。
もしくは、モラハラとか?
でも旦那本人は、自分こそが色々な面で我慢している被害者だ
っていう意識しかないってのも、タチが悪いわ

んで、まぁ、
「ぎゃ坊も幼稚園の頃から丸6年も使っているDSで、
その間にはライトが出て、DSiが出て、LLが出て、
その度に友達の新しいDSを羨ましく思っても、ずっと我慢してきたんだもんねぇ。
大事にずっと長持ちさせて、えらかったよ」

ってな話をしましてね、それでも「パパに怒られる」ってのを
ずっと気にしていたけども、
「ぎゃ坊が寝た後でお母さんがちゃんとパパに話をして
分かってもらうから大丈夫。
もしダメって言われたら(ぎゃ坊は「絶対、ダメって言う」と確信している)、
ばーちゃんが買ってくれたんだって事にして、買ってあげるから。
実際、そんな話したら、こっちのばーちゃんだって静岡のおじいちゃんだって
ぎゃ坊のために買ってあげるって言い出すし。
でも、勝手に買ってもらってそれがバレたら、また怒られるって?
そんなの、ジジババが可愛い孫に買ってあげたものなんだから、
パパが怒ってもほっときゃいいんだ。大丈夫だから」

てな話を、じっくりとしたんですわ。

で、夜、旦那に話をしたんだけども、
やっぱり、かなり不本意ってな態度が丸出しだけど、許可はされたわ。
しかし、その言い方もねぇ、
「ふ~ん。(←『ふっう~ん』ってな、人を嫌な気分にさせる言い方)
いーよ、勝手にすれば?
そんなに欲しいなら、好きにすりゃいい。
そもそも、今のガキは甘やかされすぎだ。
でも、いーよ、別に。俺が反対したって仕方ないし。
どーせ、うちの金の管理してるの、俺じゃないし

ですってさ。
いちいち捻くれた一言を言わずにはいられないのね。
ほんと、イヤな男。
「その代わり、古いDSは俺によこせってぎゃ坊に言っといて。
俺はそれで英語の勉強するから」
だそうだ。

今朝、ぎゃ坊に旦那の許可が下りたことを告げ、
「だけども、買うとしたら、楽●の店が安くてポイントも付くから、
お母さんのために、そのポイント率のお得な時に買うって事で、
今すぐじゃなくても我慢してね。
今度の金曜あたりには買ってあげるから」

って、しっかり母の楽●ポイントを稼ぐ事も抜かりなく
今度の木金で、買いまわりキャンペーンがあるはずだし、
毎週金土日はカード会員のポイントが3.4倍だし、
水曜の野球の試合で楽天イーグルスが勝てば更に木金のポイント率が上がるし、
そのあたりのチェックは、楽●ヘビーユーザーとしては欠かせませんわ
今日は夕方にぎゃ坊が帰ってくるっす。
今回は東京駅じゃなくて、品川駅で旦那と待ち合わせるそうだ。
旦那のゴチャゴチャした言い分(理屈)で、そういう事になったんだが、
品川なんてぎゃ坊は初めてなのに、大丈夫かいな
うまく会えなかった時には、駅員さんに言って、
「お父さんの携帯に電話をかけたいんですけど」と頼め と
言ってあるけどさ。

この3日間は、旦那の空気も浮いたり沈んだりで、←つか、沈んだり潜ったり?
私もストレスが溜まったわ~ いつもの事だけどさ。
ぎゃ坊の送り迎えに関するグチグチとかもそうだけど、
他にもあんなセリフやこんなセリフや、あんな態度やこんな態度、
いちいちここに書いてたらキリがないほど、ウンザリでございます
旦那のグチグチに対して、私の気を遣った提案は、
意固地なほどことごとく否定されるし。←「そんなのいーよ、別に。」ってね
「もう勝手に言ってろ」気分になって聞き流してると、
それはそれで私の気のない態度が面白くないっぽいし。ああ、イライラ

昨日は結局、近場のスーパー銭湯に行ったけどもさ。
ぽよん連れの入浴は疲れるけど、そこの食堂で夕飯を済ませれば、
食事の支度からは解放される…という打算の元に
実は昨日の昼頃に月の使者が来たけども、まだうっすら汚れる程度だったから
支障はなかろう、と。
支障は無かったが、やはり気分的には落ち着かなくて、
ぽよんは興奮してバシャバシャとお湯を跳ね上げるし、
数種類の湯船に浸かるも早々に引き上げてしまった。
汗を流しに行ったんだか、汗をかきに行ったんだか…。
一方の旦那は珍しく長湯で、なかなか出てこなかったと思ったら、
その後は夜まで「なんか風呂に入りすぎてダルイ」と言って
またうっすらと機嫌が悪くなっているし。

ああ、ホントに旦那と過ごす余暇ってのは、ストレスしか感じないわ

とまあ、愚痴はこのへんにしといて…。3000レシート

                   

この前、スーパーで買い物したら、お会計が
3000円ピッタリ!だったっす。
アタシってば、ちょっとすごくね?

特に計算して買い物していたわけではなく、
ホントに偶然。
思わず、レジで「えっ!?」と声をあげてしまったら
バイトの兄ちゃんが、「ピッタリっす。すごいっすね」と。

でも、実は1.2ヶ月前にも、別のスーパーで、
2000円ピッタリ!だったこともあった。
アタシってば、ちょっとぢゃね?



しかし、この日の買い物で、一口ヒレカツを買ったんだけども。
3個入り198円と、5個入り298円の2パック。←レシートの上の方に出ている
そのうちカツ丼にでもしようと思って、冷凍庫に入れといたのよ。
それを先日、解凍してカツ丼を作った。
玉ねぎが煮えてきた所で、1個の一口カツを3つに切って入れようとしたところ、
最初に、3個パックの方を開けると、それは普通のヒレカツだった。
しかし、続けて5個パックの方を開けて、包丁を入れると、
ぐにゃっと柔らかい。…柔らかい?

  メンチカツぢゃん!!

偽装ヒレカツ パッケージは、ちゃんとヒレカツになってるのに。
 なんか騙された気分だった
 (ってか、結果としてはホントに騙されてる)が、
 購入してもう1週間も経ってるし、
 普段は何かのついでが無いと行かないちょっと距離のあるスーパーだし、
 わざわざクレームしに行くにも、時間もガソリン代も無駄だよなぁと
ちょっと頭を冷やして、
ついでにあのレジの兄ちゃんの爽やかスマイルも思い出して
「ま、いいか。半分メンチカツ丼だ。
ぽよん用にヒレカツをみじん切りする手間が省けたわ」と。

ヒレカツをパック詰めしていたパートのおばちゃんか、
パックにシール貼りしていたパートのおばちゃんか、
ポチはどこにでもいるのね。
今日から3日間、毎年の夏の恒例、ぎゃ坊の静岡詣でです。
今年も5:05の始発に乗って行ったわ。
もちろん、私は起きるつもりなんかこれっぽっちも無かったが、
昨夜旦那と、

「ママは起きないの?」←その言い方が…
「えっ。起きなきゃダメ?
「いや、別にそういうわけじゃないけど…」←奥歯になんか挟まってる

というやりとりがあり、腹の中に一物含まれたままなのも気分が悪いので
一応ぎゃ坊と一緒に4:30に起きたわよ。
ただ起きてボーっとダイニングのイスに座ってただけだけど。
(ぎゃ坊の朝食は前日のうちにパンを買ってあって、新幹線の中で食べる)
旦那はその10分後におきてきて、4:45に2人して出て行ったわ。
当然、私は二度寝に戻ったけど、一度起きてしまったら
なんかあんまり寝られなかったわ~。
でも意地で7時半過ぎるまではベッドから起きなかったけどね。

いつもは旦那が東京駅の新幹線ホームまでぎゃ坊を送るんだけど、
今年は勤務地が都内ではないから、すんごく遠回りで電車代もかかるので、
今回は旦那は新幹線ホームまでは付き合わず、在来線ホームで
改札も抜けずにぎゃ坊と別れるらしい。←つまり煙管
そんでも、駅員さんに迷惑かけることなく、無事に新幹線に乗って
8時過ぎには静岡に到着したようだ。


でね、お気づきの方もいるかと思うけども。
毎年、このぎゃ坊の留守中は、私もぽよんを連れて女友達と旅行に行き、
羽を伸ばすのが恒例だったんだけども。
今年はそれは無しだわ~
ほれ、やっぱりね~、去年の事がどうしてもでさ。
ネチネチグチグチ言われたり、怒鳴られたり
おまけに、ついこの前は家族で伊勢旅行にも行ってきたばかりだし、
私だけ、また立て続けに旅行に行きたいなんて言ったら、
またどんだけ腹の中に二物も三物も溜め込まれるか、
分かったもんぢゃないし

それでも、もし万が一、旦那の方から
「今年はかずっぴさんたちと出かけないの?」という
「行ってもいいよ」的な気遣いがあったら、
その旦那の様子を見て、「じゃあ、申し訳ないけど行かせてもらってもいいかなぁ?」
丁重にお伺いを立ててみようかと思ってもいたんだけども。
朴念仁の旦那は、やっぱりそんな気遣いは持ちあわせるはずも無く、
むしろ私は当然家にいるものだという前提で、
「ぎゃ坊がいないなら、フロは近くのスーパー銭湯(一応温泉)でも行こうか?」
という事を言ってくる。
近所のスーパー銭湯なんて、結局ぽよんの世話は私1人で大汗かいてバタバタして、
疲れに行くようなもんだから、断わったけどね

だから、私はアンタなんかと近所の温泉に行くより、
友達とのんびり出来る所に
行きたいんだってば!
もふーっ
噛まれました

昨日はぽよんの眼科診察だったんす。
8月16日、14時から。
ええ、ちゃんと覚えてましたわよ。
分かってましたとも。
そりゃもう、間違いなく。抜かりなく。

ぎゃ坊にだって、
「お母さんはぽよんの眼科に行くから、午後はずっといない。
2時からの予約で、目薬を5~10分おきに3回さしたあと、
約1時間後に診察になるから、帰って来るのは夕方4時半~5時。
遊びに行くならカギ注意!」

と、何度も時間と防犯の念押しをして、家を出たんでございます。

車に乗ってすぐ、一応ナビ子を設定した。
↑何度も行ってる所だからさすがに道は覚えてるけど、
途中の国道や県道が混んでた場合の迂回路を見るために。

何気に到着予定時間を見ると… 14:50?
は? なんで?
私の計算では、予約時間の15分前には到着するはずなのに。
通常は家から1時間程度で着くのに、今回は2時間もかかるのか?
おいおい、また変なルートを案内してないか?←ナビ子に対する信用無し

で、何気に時計を見たら、現在時刻が… 13:47?
は? なんで???
だって、診察は14時予約だよ?
ちゃんとそれに向けて、時間を逆算して家を出たはず…。
この時計、狂ってるんぢゃないの?←基本、機械に対する信用は薄い

しかし、やっぱり現在時刻は13:47であった。
なんで?なんで?
なんで予約時間まであと10分程度しかないの??

軽くパニックになりながら、状況分析。

眼科までは車で1時間。
一応混んでた場合の事も考えて、到着には15分程度は余裕を持って、
家を出ようと考えていた。
とすると、13:45に着くように家を出ねば。
そして、診察の流れ等をぎゃ坊に説明したりしているうちに、

私の脳内で、『に着くよう』が消滅した!←ポチが穴掘って埋めた

つまり、13:45に着くように家を出ねば になっていたんだわ

そんな時間に家を出るというのに、
私の意識の中では、『14時の予約には余裕で間に合うもんね
という事に、いささかの矛盾も疑問も違和感もなかった。
それが、ナビ子や時計に対して無実の罪を着せる思考になった。

ナビ子、時計さん、疑ってゴメンね。
眼科の皆さま、予約より1時間も遅れてすんません
悪いのは、ポチだから。←反省の色 無し
さてさて、行って来ました。
頑張って紀行文をまとめました。←長い

1日目

出発は8日(日)の早朝4時
まだ薄暗く、新月になる前の細~い三日月が東の空に出ていた。

この週末から早くも帰省・行楽による高速の渋滞が始まっていると
前日のニュースで聞き、この日曜もある程度の渋滞は覚悟したが、
ニワトリ並みの早朝出発で、渋滞にはまる事も無く、道程は順調だった。

途中、東名で2回休憩をして、予定よりもかなり早く9:50に
伊良湖港のフェリー乗り場に到着。
往復切符を買って、10:40発のフェリーに乗った。

旅行前から、ちょこちょことメールで情報を貰っていた現地バリフリセンターのNさんによると、
この2.3日の伊勢鳥羽地方の天気はイマイチっぽい。
しかし、この日は雨の予報にも関わらず、何とか降らずにもっていたので、
予定より早いフェリーに乗れたことだし
(元々はこの後の11:50発に乗れればいいな~と思っていた。
さらにその後の13:00発になるのも最悪の場合は覚悟してた)、
明日の海水浴の予定を前倒しして、今日行ってしまえ、と。
安楽島海岸へは、前もって既にバリフリセンターから
ランディーズを運んでくれているという事だったし。

鳥羽港に着いたら、まずは鳥羽駅前に向かい、
バリフリセンターに顔を出して千葉銘菓のお土産を渡してご挨拶。
Nさんはお休みで会えなかったけども。
で、そのビルの中で昼を食べ(伊勢うどん)、安楽島へ。

海岸へ至る道が細くて入り組んでる上に、ナビ子は反応遅いし、
どうなる事かと思ったが、無事にたどり着いた。
鳥羽市の市営海水浴場なので、駐車場代800円だけで、
更衣室やシャワーは無料
大規模な海水浴場のような海の家とかもなく、
ちょっとした売店が2.3店出ている程度のこじんまりした穴場的海水浴場。
地元老人クラブのお爺ちゃんお婆ちゃん達が、
数人で駐車場の誘導や、管理棟での管理をしていた。
車から荷物を取り出していると、すかさず1人のお婆ちゃんがやってきて、
人懐っこく「はいはい、持ちますよ~。貸してちょうだい。いいから、いいから」
と荷物をドンドコ持ってくれちゃう。
しかし推定75歳のおばあちゃんに、着替えの入ったデカバッグやら
折り畳みのビーチテントやら飲み物の入ったクーラーバッグやらを
両手いっぱいに持ってもらって海岸まで歩くのはさすがに気が引けて、
「うちのお兄ちゃん、力持ちですから。ホレ、持って持って!」
と、当然ぎゃ坊に持たせる。
それでもデカバッグは持ってくれたわ

海は、さすがに午後ともなると海水浴客の影響で
水の透明度も下がってきていたが、それでも十分キレイだった。
ただ、思っていた以上に岩場が多くて(浜も砂浜っていうより、ジャリ浜)
海に入る時にもビーサン(むしろ、出来ればアクアシューズとか)が必須だったわ。
最初に油断して、浜でビーサンを脱いで、浮き輪のぽよんを連れて海に入ったら
膝くらいの水深になると足元が見えず、岩で素足を擦ったり切ったりして、
けっこう傷だらけになってしまった。
なので、ちょっと頑張って腰辺りまで入って傷だらけになった後は、
ひたすら波打ち際でカメラ係になっていた。
それでもビーサンの鼻緒に挟まったジャリが足の切り傷の所に擦れて
さらに流血して痛かったっす。
でもぽよんとぎゃ坊は楽しんでいたから、良しとするわ。

2時間くらい遊んで、鳥羽市内の宿へ。
本当は違うホテルに泊まりたかったけど、予約が取れなかったので、
第3希望のこの宿になったんだけど、サービスはなかなか良かったわ。
口コミによると、小さい子連れファミリーに対する配慮が評判高い。
それにバリフリセンターのNさんもここの若女将さんと懇意らしく、
ここに泊まると言ったら、色々気を回してくれて
部屋に子供用の便座やローチェアが用意されていて、かなり助かったわ。

宿に着いた後、雨が降りだして、夜にかけてかなりザーザー降りになった。

2日目

翌日は、午前中は二見へ。
夫婦岩のある二見興玉神社に行ったあと、その隣の二見シーパラダイスへ。
ここではセイウチが広場に出てきて触る事が出来たり、
アカンベ~をするトドを間近で見たりできるんだけど、
デカい動物が苦手なビビリ男「そんなのは別に興味ない」と言い、
すでに人垣が出来てる中を車イスで動くのも大変なので、
せっかくのこのシーパラでの目玉イベントはパス。ちっ。張り合いの無い…。
一回りして魚達を見た後、レストランで昼食をとり、
午後は伊勢神宮の外宮参拝へ。

神宮では、玉砂利の参道に対応したタイヤの太い車イスを
入口の衛士見張所で貸してもらった。

この日は1日雨が降ったり止んだりだったけど、
夫婦岩の所でも外宮でも、私たちが外を歩いている間は降らず、
シーパラの中にいる時や車で移動中とかに降ったりしてして、
けっこうタイミングには恵まれていた。

内宮に程近い神宮会館がこの日の宿だったんだけど、
外宮から内宮に向かう道は、ものすごい大渋滞。
5キロかそこらの距離(多分)なのに1時間かかったわ。

ちょうど15時に宿に着き、チェックインして部屋で寛ぐ。
この宿、団体さんの研修とか合宿とかで利用される事が多いらしく、
通された部屋がとにかくダダッ広くてビックリ。
畳を数えたら21畳だった。
普通の旅館のような10畳・12畳の部屋もあるみたいだから、
うちが通された部屋は、まさに団体さんの雑魚寝用の部屋なんだろう。
ま、広い分にはいいけど。

で、内宮を回ったりおはらい町を回ったりするのは翌日の予定だったけど、
帰り道と翌日の出勤(旦那)を考えて、なるべく早く出発したいというので、
この日のうちにおはらい町に散歩に行き、土産の物色をする事にした。
宿を出て大通りを渡ると、そこがもうおかげ横町という立地の良さ。
JTBのサービスのクーポンを使い、ぎゃ坊は伊勢海老コロッケを、
私と旦那は宇治茶ソフトを食べた。うまっ!
旦那はソフトだけ食べたら買い物には興味無し。
私も旦那がいると気を遣ってゆっくり見て回れないので、
旦那が不機嫌になる前に、ぽよんと一緒に宿に追い払った帰ってもらった。

伊勢名物の赤福は翌日までしか日持ちしないというので、
お土産用の購入は翌日にまわし、
ぎゃ坊はその場で一皿3個の赤福を食べ、私は夏季限定の赤福氷を食べた。うまっ!
で、他にもウロウロしながら土産物を購入して、宿に戻った。

宿に戻って少しすると、
さっきまで小雨が降ったり止んだりだったのが、土砂降りの雨になり、
夜中までずっとガシャガシャ降っていた。

天気予報を見ると、翌日は曇りの予報。
この雨が本当に止んでくれるのか…。
神に祈るしかないな。ちょうど神様の本拠地だし。南無南無


3日目

祈りが通じたのか、翌朝はとりあえず雨は止んでいた。
でも宿の人が言うには、伊勢地方の中でも特にこのお伊勢さんの周りだけは
異常に雨が多いんだと。
この宿では、内宮まで歩いて5分という立地を生かし、
宿泊者の希望者に早朝参拝の案内をサービスしている。
私もこれが目的で、この宿を選んだんだよね。
6時半に宿を出発して1時間40分ほどかけて案内してくれるらしい。
この日は参加者が多くて、2グループに分けて回ることに。
ロビーに集まった時は私達家族は2番手だったのに(しっかり5分前の時間厳守)、
後発隊のグループに振り分けられて、ぎゃ坊はヘソを曲げていた
しかも、時間を守らず、なかなかロビーに出てこない宿泊客もいて、
迷惑この上なし。

この日も、衛士見張所で玉砂利対応の車イスを借りた。
しかし、案内の宿の人のウンチクが一つ一つ長くて、
ぎゃ坊が非常に飽きてきている。←話なんか聞いちゃいねぇ
前日には旦那も、早朝参拝の後に宿で朝食を摂ったらとっとと帰ろうと言っていたので、
このゆっくりペースだと旦那もイライラしているんじゃないかと、
私も気が気じゃなくて…
で、「フェリーの時間もあるので、別行動で勝手に回らせてもらいます」
という事に。←状況によっては別行動もOKと言われていたので
しかし、旦那は「せっかくだから色々な話を聞いて回りたかったのに」って。
なんだよ、私だってゆっくり話を聞きながら回りたかったけど、
前日に、旦那がやたらと帰る時間を気にしていたから気を遣ったのに
ぎゃ坊も限界だったけどさ
やっぱり小学生連れでこういう場所をゆっくり満喫は無理っすね
で、家族だけで内宮をサクッと見て回って、宿に戻った。
あ、それぞれの分のお守りも購入したわ。
途中、やはり雨が降ってきたけど、しとしと程度だったので
びしょ濡れになることも無く、
宿で借してくれた傘もほとんど使わなくても大丈夫な程度でした。

そうそう、外宮でも内宮でも、
やたらと育ち具合のいい立派な木々の間の参道を歩いていると、
日本を代表するパワースポットゆえか、
フィトンチッドたっぷりの森林浴効果なのか、
雨の影響でさらにマイナスイオンが充満していたのか、
蒸し暑さも感じさせないほど、なんとも清澄な空気。

さすがお伊勢さん。キングオブ神社

8時に宿に戻って朝食を食べて、チェックアウト。
そして鳥羽港に向かう車の中で、衝撃の事実発覚
フェリーの時間、9:30かと思っていたが、9:20だと。
その後は10:40になってしまう。
しかし、何とかギリギリ5分前に滑り込みセーフで9:20に間に合った。

約1時間後に伊良湖港に着き、旦那の希望で
豊川のフォルクスワーゲンの輸入の総本山を見たいというので、
高速に乗る前に、そっちを回ることに。←やれやれ
でも行ってみても一般者は当然立ち入り禁止っぽくて、
豊川港の倉庫街でVWの敷地周りをグルッと回って、
並んだ車を眺めながら、その場を後にした。

東名高速は概ね順調。
しかし、首都高に入ったとたん、渋滞に次ぐ渋滞で、
どんどん旦那はイライライライライライラしてきた。

17:30にやっと地元にまで戻り、びっくり○ンキーで早めに夕飯を食べ、
18:30に帰宅しました。



伊勢地方まで行ったわりに、駆け足で過ごしてきた感じだわ。
やはり子どもにはまだああいう雰囲気は分からないわねぇ
いつか、ゆっくりとリベンジしたいわ。←その時は旦那も子どもも抜きで

                        

あ、そうそう、旅行から帰ってきて翌日、つまり本日、
ワタクシ、バカボンのパパより年上になってしまいました
今日、隣市のケーキ屋まで行ったら、定休日だったわ。ガックリ
せっかくなら、お気に入りのケーキ屋の美味しいケーキを食べたいので
また明日にでも行ってくるか。
2.3週間前に、いつものようにネットニュースをチェックしていたら、
リンナイの炊飯器にリコールが出たって記事を発見。
調べてみたら、去年うちが買った炊飯器も、バッチリ対象商品だったわ。

で、点検・部品の交換をしてもらうのが昨日だったんだけども。
午後1時頃に来るって事だった。

そんで、カレンダーの予定の書き込みを見ながら、
「今週はぎゃ坊のサッカー交流試合とぽよんの登校日くらいしか
予定が無いんだな。
んー?でも待てよ?
PT&OTって、伊勢旅行の前に入れてあった気がするんだが…」

と気になって手帳を見てみたら、4日の欄に
『PT13:00、OT13:50』の書き込みが。
「あー、やっぱり、今週入ってたわ。
カレンダーに書き忘れてたんだな。
ん?4日!? って、もしかして今日ぢゃん!!

この時点で、12:25でしたわ

たまたま旦那が会社を休んでいたので ←暑くて仕事する気にならないんだと
リンナイの人が来た時の対応は旦那に頼み、
1分で化粧をし(リキッドファンデ+パウダーファンデ+口紅)、
2分でボサボサのぽよんの髪をまとめ、
バタバタしながら12:30に家を出たわ。

なんか、夏休みとか冬休みとかのたびに、
同じようなポチの罠にハマっている気がするわ
実際にPT&OTをうっかりすっぽかしてしまった事も、実はある


家に帰ってきたら、炊飯器回りが大変キレイになっているではないか。
炊飯器自体も、もっと黒ずんだ汚れが付いていたし、
炊飯器を置いてあるキッチンカウンターの上も、
ちょっとした汚れがあちこちにこびり付いていたのが、
すんごいピカピカに磨かれている。
ゴチャゴチャと物を置いていたのも、整然とひとまとめに片付けられてる。
(でも私の名誉のために言っとくが、ものすごく汚くしていたわけではない。
生活してれば、この程度は常に汚れてても仕方ないよな~なレベルよ

・・・旦那だな

いや、ありがたいと思わなきゃいけないんだろうな
家の掃除をやってくれるマメな旦那で、羨ましいという人もいるだろう。
そりゃ、純粋な好意としての行為ならありがたいとも思えるが、
旦那の場合、嫌味も含まれてるのは明らかだから、
素直に感謝できないわ。
常日頃から、「片付けできない人間は最低だ。
そういう奴は、決まって仕事でも役立たずなんだ。
そのくせ、そういう自覚が無くて、偉そうにデカい顔している。
はっきり言って、クズだ

という事を、毎日のように言っているし。
今の部署に、そういう人(身の回りが片付いてなくてゴチャゴチャな人)が
何人もいて、イライラするんだってさ。
でも、私もあんまり掃除・片付けは好きじゃないし、
片付けのハードルがかなり低い方なんで(「この位ならまだまだOK~」な感覚)、
旦那からするとイライラしているに違いない。
てか、会社の人のことを言いながら、私に対しても当てこすっているに違いないわ

モヤモヤ含むところはあったけど、でも一応、お礼は言ったのよ。
「炊飯器まわり、掃除してくれたんだ。ありがとう」
「うん、やっぱり人が来て作業するのに、
あんまり汚いのはどうかと思ってさ」

「・・・そんなに汚かった?
私も、人が来るからと思って、ある程度は掃除したんだけど。
私なりに、このくらいなら大丈夫だろうってレベルにはしたつもりなんだけど」

「え。そうだったの?オレとの感覚の差がデカいんだな」

やっぱり、素直に感謝できないっす ヒクヒク
ぽよん、行動範囲が広がってきました。
ちょっと前までは、リビングにいたらずっとリビング内だけのハイハイ移動だったけど
最近はリビングから続きの和室に行って、
畳をザリザリとする(爪とぎ?)のがマイブームっぽくなっている。
和室で落ち着けないときは、さらに玄関まで通り抜けて、
そこから廊下を通って、再びダイニング(リビング)まで戻り、
ゴミ箱に八つ当たりしてひっくり返したりする。

そう、行動範囲が広がっただけではなくて、
物に八つ当たりするのも、どんどん激しくなってきた。
ゴミ箱だけぢゃなく、目の前にあるものは何でも薙ぎ払う。
ヘタに床の上に物を置いておけないわ

さらに、最近はローテーブルに乗りあがるようになった。
最初は、テーブルに手を付いて立ち上がったものの、
そのまま動けずにうぎゃうぎゃ言ってたのが、
ふとしたハズミで体の向きを変えたらテーブルに座ることが出来たもんだから、
更に調子に乗って、テーブルの上に完全に乗りあがるようになった。
そして、棚の上のゴチャゴチャ叩き落とす&薙ぎ払う。
テーブル上で1  テーブル上で2

こんなんじゃ、一概に『成長』と喜んでいられないわ

以前、通園の心理の先生に
『ぽよんちゃんは動けるようになったら多動が出る』
予言されていたけど、まさにその傾向が…。


こんだけ動けるようにはなっているけど、
まだ独立・独歩には程遠いし、目的を持って手を使う事もないので、
先日のM市立病院の発達外来受診で、主治医による身体手帳更新の意見書では
1級とされていたわ。
数年前に療育センターで装具を作る時には、そこの整形外科医からは
「これだけ体幹がしっかりしているのに、よく1級なんてもらえたね。
歩けないとは言っても、このくらいの状態だと普通は2.3級だけどなぁ」

と言われたんだけど。
発達の主治医はずっと小さい頃(1歳前)から世話になってるし、
色々親身にもなってくれるから、融通利かせて重めに診断してくれたのかな。

でもって、今後の再認定の必要は無しとの診断でね。
て事は、この前、ブログのコメント欄で書いてもらったように、
ぽよんも今後10歳、15歳、20歳、40歳とかになっても、
今回再交付される手帳をずっと使うことになるのかしら?
だとしたら、どうせまた5年で再交付だと思って
「もうこれでいいや~と妥協したぽよんの写真、
もう一度ちゃんと撮り直した方がいいんでないか?
なんせ、「写真撮るからじっとして!はい、ニッコリ笑って!」
が通じない相手なもんで、何十枚と撮影したのに
ロクな写真が撮れやしなかったんだもんよ~

で、頑張って何とかニコヤカに笑っている写真が撮れたけど…。
う~む、でもなんかなぁ
ま、いっか 
少なくとも口元にゴハン粒は付いてないし(笑)

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

Designed by まきば系ぶろぐ