☆毘盧遮那庵の日常☆

☆びるしゃなあんのにちじょう☆  シャナ助のたわごとにお付き合いください。

遠足とか、足の裏とか。

先週、問い合わせていた伊勢志摩バリフリセンターの方から、
色々と資料が届いた。
宿情報や観光ロードマップやレジャー施設やご当地グルメ情報や、
あれやこれや、そりゃもうどっさりと。
1つ1つパンフレットを全部見ると、2時間はかかるような量だ

私が希望した宿条件は
 ランディーズの置いてある海の近くの旅館か
 海まで宿から直接歩いていける旅館
って事で、ランディーズのあるのが阿児の松原海岸というので
その海岸に至近の宿を自分でネット検索して、
格安料金で非常に良さそうな宿を2軒見つけて、
最有力候補と思っていたんだけど。

バリフリセンターの人にそれらの宿の評判を聞いてみたんだけど、
私が検討した宿は、バリアフリーとしての調査をした事が無いので
時間をもらえれば下見をしてきますよ、との事。←なんて親切なの~
しかしながら、実は一押ししたいのは、安楽島海水浴場だと言うんだな。
ここは、今年管理棟がリニューアルオープンされて、
ユニバーサルトイレ(車イス対応&大人でもおむつ交換出来るベッドあり)
も出来て、すごく便利だって言うんだよね。
海岸のすぐ近くに宿もあるし。
ランディーズなら、バリフリセンターでも無料貸し出ししてるから、
事前に宿まで配送手配してくれるっていうし。←ほんと親切だわ~
ただ、この宿だと、阿児の松原で検討した宿に比べて、
かなり料金がアップっぷぅ~。
しかし、鳥羽港から約10分というアクセスの良さにはかなり惹かれる…。
阿児の松原までだと鳥羽から約50分かかるしなぁ。

時間を取るか、料金を取るか、悩ましいわ~
って、悩んでる間に、どこの宿も予約がいっぱいになったりして
早く決断せねば。

今回、車で長距離移動の上に、
2泊3日って日程が、キツキツ・ムリムリな感じよねぇ。
送ってもらった観光資料を見てたら、行ってみたい所がいっぱいだわよ。
とても2泊3日ぢゃ足らないわ~。
1ヶ月くらいのんびり滞在したいわ。
↑その際は、かかろん家ホームステイで、ひとつよろしく


さて、話は変わるが。

先週1週間は、支援学校で『授業参観週間』だったが、
もう3年目ともなると、とりたてて見に行かなくてもいいや~…
な気分で、放置してた。←親失格
んでも、金曜が遠足でね、場所は市内のS公園。
ここは、我が家から自転車で15~20分の距離なので、
せっかくなので、行ってきたっす。
皆は、ポニー牧場の方にいた。
中に入るには大人400円だ。
しかし、受付のねーちゃん、受付所のガラス窓を閉めた状態で
居眠りこいてるぞ。
「すいませーん」と、2度ほど声をかけたが、起きない。
いいや、素通りしちゃえ。てへ

ポニー牧場では、子ども達が馬にエサをあげたりしていたが、
怖がって泣き叫ぶ子あり、
エサ(人参スティック)を馬にやらず、自分でポリポリ食う子あり、
勝手に遊具の方に行って行方不明になる子あり、
なかなか賑やかな風景でしたわ。


さてさて、また話は変わるが。

毎年、夏場はぽよんの手のひらと足の裏が、
汗でネットリすんのよね。
で、足の裏には、毎年 湿疹(汗疱)が出来たりする。
今年もポツポツと出来てたんだけど、いつもより数がいっぱいで、
ちょっと気になっていた。
足の指の間の皮も剥けたりしてるし…。
もしや、ただの汗疱ぢゃないのか…?と、今日皮膚科へ連れてった。
何となく予感していたが、やっぱ水虫だってさ。
ちっ。旦那から移ったんだな。
塗り薬を処方されたわ。
子どもは治りが早いから、2週間くらいで良くなるでしょうって事だ。
プールは問題ないっていうんで、それは良かったわ。



夏休み計画。

午前中、病院の耳鼻科診察に行って来ました。
入院中には出来なかった聴力検査をしたが、
やはり聞こえの方には全く問題なし。
眩暈の兆候の眼震も、かなり良くなっているって。
↑入院中とは反対側に揺れが出ているらしいが、
それは回復してきているって事だってさ。
この調子なら、特に薬の服用も必要無さそうなので、
1ヶ月くらい間を空けてから、経過の様子を診てもらうって事で
来月の末に再診予約をしてきました。

で、原因は、やっぱり前庭神経っちゅー部分のトラブルらしい。
この病気の場合、ふらつきや眩暈が消えるまで、
半年から1年はかかるんだとさ。
しかし、軽く「あ、めまいが…」ってな状態になっても、
安静にしてなきゃ!ってのは逆効果で、むしろ体を動かしましょうってさ。
ダメージを受けた前庭神経をフォローするために、他の部分が働くようになるので、
その働きを促すためにも、機能回復のためにはよく動いた方が
リハビリになっていいんだとか…。←ちっ。ぐーたらする大義名分が…。
この事は、当然ながら家族には言わないでおこう。

                     

さてさて、あと1ヶ月もすれば、早くも夏休みっすね。

今年も、ぎゃ坊は静岡に行くとは言ってるが、まだ分からないわ。
ここ数年間、ぎゃ坊が留守の間に女同士の旅行に行ってたけど、
それも今年はどうしようかなぁ。
去年は、旦那が鬱なグニョグニョ気分にどんどん蝕まれていった時期でもあり、
私ののんきな旅行(と旦那には見えてたろうけど、
実際は、旦那の鬱状態が気になって、
友達と過ごしながらも ともすれば私も憂鬱になってたんだけど)が
チョー気に障ったらしく、その旅行から帰った日の旦那の機嫌が最悪で、
旅の余韻も台無しになるほどの修羅場になったもんなぁ。
怒鳴られたりもしたし。
それが私の心に傷を残していて、←
女友達との旅行は今年は止めようかなぁと、密かに思ったり。

でも行きたいよ~!
でもまたあんな旦那の鬱攻撃に遭ったらヤダよ~!(ジレンマ)

その前に、ぎゃ坊が静岡に行くかどうかが問題だけど。

で、それとは別に、今年の夏は家族旅行を計画している。
去年の暮れ頃から、「今度、伊勢神宮に行ってみるか」という話が出て、
お伊勢さんには全く興味の無いぎゃ坊を、
【伊勢湾でカーフェリーに乗る】というエサで釣り、
「今度の夏休みにでも行こう」となっていたのさ。

でも、先月あたりから、そろそろ話を具体的に考えようとしだしたら、
旦那の態度が今ひとつピリッとしない。
「異動して最初の夏だから、夏休みの様子が分からない」とか、
「あんまり体調も良くないしなぁ。
夏には良くなってるといいけど、どうだろう」
とか、
「そもそも、ぎゃ坊と一緒に行くってのがストレスなんだよなぁ。
あいつは、高速道路とか運転してる時も、観光している時も、
いっつもツベコベ・ツベコベと余計な口出ししてくるからイライラするんだ。
アイツがいなきゃ、俺は喜んで行くんだけどな。
いっそ、途中の静岡でアイツだけ降ろして行くか」
とか。

私は、そりゃあ ぎゃ坊のツベコベもイヤだけど、
それより何より、アンタ(旦那)のツベコベ・イライラの方がもっとイヤだわ。
言わせてもらえば(言えないけど)、「アンタがいなきゃ、私は喜んで行く」よ。
旦那とぎゃ坊の間に流れる不穏な空気に振り回されることも無いし。
でも、旦那を差し置いて家族旅行ってのも出来ないので、
仕方なく、旦那の意向も汲みながら、色々考えていたわけさ。

旦那の意向っつっても、旦那は
「この日とこの日を外してもらえば、好きなように行程組んでくれていいよ。
任せるから

と言って、基本的に私に丸投げだ。
そのくせ、私が決めたことに対して、後からゴチャゴチャ難癖付けるんだよな


伊勢志摩の観光業界って、わりとバリアフリーに力を入れてるようで、
伊勢神宮の中でも、玉砂利でも進みやすい太タイヤの車いすの
レンタルもあるらしい。
伊勢神宮以外では、せっかく夏なので海水浴をしようと、
ランディーズ設置の海水浴場情報や、海に近い旅館情報などを
伊勢志摩地方のバリアフリーツアーセンターという所に問い合わせしたりした。

そんな感じで、私の中では伊勢旅行に気分が乗ってきたところで、
私が体調を崩して、ぶっ倒れてしまった。
そしたら、コレ幸いな感じで、
「今年の伊勢旅行は止めない?」と旦那が言い出した。
「俺も調子よくないし、ママもこんな状態では、無理でしょ」って。
私を理由にして、面倒な家族サービスから回避したい本音が明らか。
でも、表向きは私の体調を理由にされてるし、
それを強硬に「私は大丈夫だから、行こうよ」と言っても、
またヘソを曲げられた時に 面倒×100倍なので、
「…そっか。分かった」と。

しかし、伊勢旅行は無くなったとしても、
夏休みにどこにも出かけないってのは、ぎゃ坊が可哀想だ。
ぎゃ坊の友達は、北海道だ沖縄だと旅行する子が多いし。
(中には、毎年フィリピンに行く子もいる。←母親の母国)
私も、ぽよんの宿題(夏休みの記録・日記)のネタが無くて困る。
近場でいいから、どこかには出かけたい(泊まりで)という事は主張した。

そんな時に、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターから
懇切丁寧・事細かな情報提供の返信メールが来たりして、
私の体調も回復してきたし、再度 伊勢旅行計画(案)が浮上した。

で、旦那の気がまたまた変わらないうちに、
さっさと宿の予約だけでもしておこうと、伊勢神宮近くの宿だけ予約した。
あともう1泊、海(阿児の松原海水浴場が第一候補)の近くの宿を検討中。
再度、バリアフリーセンターに色々質問を問い合わせ中なので、
その返事を参考にしながら決めるつもりさ。

ぎゃ坊のツベコベと旦那のイライラ
どこに行ったとしてもシャナ家標準仕様で付いてくるものとして
自分は自分で長年のアコガレのお伊勢さんを堪能しようっと。


死ぬかと思った。←大袈裟

いきなり話を始めるけど、
1年くらい前から時々眩暈がしていたのよね。
メニエール病とかも考えたけど、耳鼻科を受診するほどではないかな、
と自己判断し(基本、病院嫌い)、そのまま放置してきた。
ってか、メニエールよりも、自律神経失調症かなって気もしてたし。
ちょうど、旦那の事で精神的負荷が大きくなりだした頃からの症状だったんで、
耳鼻科より、内科とか、むしろ心療内科とかの方がいいのかな、
とか思っているうちに、そのまま日が過ぎていた感じ?
それが、この春以降の忙しさと、旦那の相変わらずのネガティブオーラ攻撃に、
私の頑張りゲージのキャパ(きわめて低い)がオーバーヒートしたのかしら。


今回の騒動の始まりは、14日月曜の朝。
・・・いや、その前夜の23時頃か。
いつものように、ベッドに横向きに寝ながら本を読んでいたらば
急に眩暈が…。
頭は枕の上だというのに、ずーんって感じで、
立ってられない感覚。←立ってないけど
落ちるような押さえつけられるような、回るような…。

以前から時々眩暈はしてたけど、
こんなふうに寝てるときに、しかもこんな大きな眩暈は初めてだった。
とりあえず、その夜は本を読むのも切り上げ、そのまますぐ寝た。

翌朝、6時。
昨夜の事はすっかり忘れて、普通に起きたものの、
ぎゃ坊の朝食の用意などしてるうちに、また段々とふらつく感じが…。
そんでも、その時点では、今までにもあったような軽い眩暈だったので、
たいして気にせず過ごしていたが、ぎゃ坊が学校に出た後(6:45)、
食器を洗ったり洗濯物をリビングに干したり(だった)してるうち、
だんだん眩暈の頻度と強さが増してきた。

立ってるのも辛くなってきて、洗濯干しの途中でソファに横になり、
「今日午前中の子ども会夏祭りの役員打ち合わせ、欠席させてもらって、
さすがにコレは病院に行った方がいいかも

とか思ってたら、ちょうど子ども会会計のSさんからメール。
「今回、夏祭りの荷物を頼んでいたTさんのお子さんが具合悪く、
Tさんが来れなくなったので、打ち合わせはまた今度」
って。
返信メールをポチポチと打ってる余裕もなかったので、
電話して返事。←「実は私も今朝から調子悪くて…。ぜぇぜぇ
んで、打ち合わせは、また日を改めてって事で。

そうこうするうちに、7時半。
ぽよんを起こす時間だ。
だけど、ヤバいぞ。起きられないぞ。
うっ。キモチワルッ。←トイレダッシュ&リバース

そこへ旦那が起きてきて、
トイレでゲェゲェしたあと立てずにへたりこんでいる私の様子を見てビックリ。
(旦那も、月曜は早く行かなきゃいけないのに←6時には家を出る
例によって「調子が悪い」とか言って、ダラダラ遅く起きてきたら、
旦那に輪をかけて調子の悪い私を発見だ。さあ驚け。)

旦那に立たせてもらってソファまで行き、横になり、
旦那にぽよんを起こしてきてもらって、
ぽよんのトイレと着替えを任せた。
その間に、実家に連絡し、母に来てもらうことに。

とりあえず、這うようにしてぽよんの学校の荷物だけは準備し、
ぽよんの髪を結ぼうとしたが(パサパサボサボサの頭)、
私はもう動くのは無理
そしてトイレダッシュ。←リバースの時だけは火事場のバカ力で電光石火のダッシュ
母が来てくれたところで、ぽよんの髪を結んでもらい、←すげーテキトーだ
その日は旦那に会社を休んでもらう事にして(当たり前)、
学校まで旦那がぽよんを送っていった。

旦那が家を出てすぐ、「病院はどうする?」と母と話していて、
この状態では玄関を出て車に行くまでも無理そうだし(立てないんだってば)、
さらに車に揺られて病院まで行く途中もゲロゲロだろうし、
さらにさらに、病院到着して普通に受付手続きをした上、
混んでる中で1時間2時間も診察待ちは絶対無理と判断し、
救急車を呼ぶことに。

玄関まで這って行って力尽き、屍になってる所に
ピーポーが到着。

しかし、救急車って、すんごい乗り心地最悪だわ
ストレッチャーに寝かされながら、ガコンガコン揺られて、
病院に着くまで10分ほどの間に2度ほどリバース。←すでに唾液&胃液のみ
あれじゃあ、頭を揺らすのがタブーな患者は、
救急車が命取りになりかねないと思ったわ。
私が万が一にも脳疾患で、これが原因で死んだら弁償しろ

病院では、狭いストレッチャーに寝かされたまま
(救護室のベッドが空いてないとか何とか)、
点滴されたり血圧測ったり血液検査したり、されるがまま。
その間にも1.2回リバース。
目を開けてられないので、家を出る時からずっと目は閉じていた。
意識はあって、何とか問診には答えられた。
が、眩暈は、ふわっとした浮遊性のものか、
グルグルするような回転性のものかと聞かれても、よく分からず。
私も、その辺の事は聞かれるだろうなぁと思ってたので、
眩暈を起こしながらも、この眩暈はどんな感じと説明したらいいだろう
と、分析していたんだけど、どうも『ふわ~』とも『ぐるぐる』ともどっちともつかず、
両方とも入っているような、両方とも違うような…。
頭の中をぐおっと、かつじんわりと、押さえ込まれるような感覚もあり。
うまく説明できなかったっす。
そんでも、耳鳴りとか耳の閉塞間とか聞こえの悪さとかは無かったので、
それはそう答えたけれど。
診断としては、めまい発作で、前庭神経炎の疑いと書かれていたわ。
貧血もあるらしく、要再検査とか言われて、
妙齢の女性の貧血の場合、子宮筋腫が原因って事もあるから
いずれ婦人科も受診してみてとか言われたが…。(多分、受診しない)
飲み物を口から零したりとか、呂律が回らないとか、
左右の手それぞれでどっちか力が入らないとか、顔面を触られてる感覚がないとか、
そういう傾向は一切無いので、脳疾患では無いだろうと。
一応CTも撮ったが、異常なし←救急隊の人に弁償請求はしなくて済んだ


その日は、午後になってもそのままの状態で、一向に良くならず、
トイレも行けず、寝たまま管を挿して処置してる状態で、
「自力でトイレに行けるくらいになれば家に帰っても良かったけど、
こんな状態では今日はこのまま入院して。
4.5日かかると思ってね」
と言われてしまった。

翌日(火曜)、まだ眩暈は続いていて、やはり退院許可は程遠い感じ。
それでも、朝のトイレは何とか体を起こして、車いすで連れていってもらい、
午後には決死の努力で、点滴のスタンドに捕まりながら、
自力で歩いてトイレに行ったわ。←用を足してベッドに戻った後は屍
そんで、「全介助の障害の子がいるんで、早く退院したい」と訴え、
半ばムリヤリ退院許可をもぎ取った。←Victory!

私が家に帰っても、ぽよんの世話はとても無理だけど、
学校の用意の諸々をどうするとかの指示は出来るし、
実際、その日の朝は、ぽよんの夏服の場所が分からなくて
探すのが大変だったとか言ってたし。
↑ぽよんは衣装持ちで(8割は友達からの貰い物)、
リビングにあるチェストタンスには入りきらないので
夏服とかズボンとかは和室の押入れの中の衣装ケースに入ってるんだわ。
幸い、その日は県民の日で(TDLはさぞや激混みだろう)、
県立の支援学校は休校だったので学校関係の支度はしなくて済んだが、
翌日には学校があるから、何を用意したらいいか、
きっと旦那も私の母も分からないだろうし、説明すんのもメンドクサイ。


旦那には、月曜火曜と会社を休んでもらって、
水曜からは出勤してもらった。
ぽよんの支度を手伝ってもらったので、ちょっと遅めの出勤になったけど。
ぽよんの送迎は、母にやってもらった。
こういう時に、肢体不自由の子を預かって面倒見てくれる福祉サービスが
うちの市に無いのは、きわめてイタい。

子ども達が学校に行ってる間は、私はゾンビ状態で寝て過ごした。
いや、ゾンビの方が動き回る分、むしろ元気か?←ゾンビに負けた私


いやぁ、それにしても、こんなひどい眩暈は初めてで、
マジ死ぬかと思ったっす。
眩暈は耳鼻科の疾患が原因の事が多いとは言うものの、
こんなにヒドイのは、もしかして脳に問題が!?とか思ってさ。
ピーポーが来るまでの間、
「もしかしたら入院になるかも、もっともしかしたらそのまま還らぬ人になるかも…
な気分でいっぱい。
もしその時に走馬灯を見てたら死んでたな。
↑見なくて良かったてへ
その時の私は、過去の走馬灯を見る余裕もなく、
明日のぎゃ坊の学校の用意や
ぽよんの世話とかが気になっていた。←ちょっと母親っぽさアピール
しかし、それより何より、走馬灯の入り込む隙もなく私の心を占めていたのは、
「暫く入院とか、最悪死んだりして、万が一私のブログを
旦那やぎゃ坊に見られたら、ヤベーわ。
せめてパスワード設定だけでもしておかねば」
との気持ちで、
最後の気力を振り絞って、そのミッションだけ何とかコンプリートしたのであった。


皆様にはご心配おかけしました。お辞儀

何とか、人間に戻りつつあるシャナ助です。←脱ゾンビ!

でもこんだけ長文をPCで打ち込んでたら、
さすがにクラクラだわ~再ゾンビ ←自業自得もしくはバカ


臨時休業のお知らせ。

突然のパスワード設定でビックリしたかと思いますが
ちょいとワタクシ、ただいま体調不良・・・ってか最悪で。←の世話になった
私が寝込んでる間に、旦那やぎゃ坊にこのブログを診られるとマズいんで
月曜に慌ててパスワードをかけてしまいました。

今回のことを鑑みて、また今後ブログ全体か、記事によってか、
パスワード設定で書く事もあるかと思うんで、
その時は、
  ●●●●●●●●●(←後日、伏字にしました)
のパスワードでお入りください。

ここで晒していたらパスワードの意味ないか?
ま、いっか。
一両日中に、また鍵かけちゃうと思うんで。


そんなこんなで、コメレス&ブログ更新は、今しばらくお待ちください。
1週間くらいで復活できるかと…。←希望


・・・ああ、ここまで打って、力尽きたわ…。
雑巾になって(日曜の夜を最後に風呂に入ってない)、また寝てます。


カナダからの手紙。

手紙ぢゃなくて、FAXだったんだけども。

昨日、ナンバーディスプレイで、【表示圏外】で着信があったんす。
いつもは、【表示圏外】で電話に出ると 
  ピーーー ギョロギョロギョロ
なFAX着信音で、内容はどっかの通販の広告だったりするんだ。
今回もそれだろうと思って出たら、案の定ピーギョロギョロで、
ほーら、やっぱり」と思いながら、一応受信内容をモニター画面でチェックしたら
カナダに住む友人Hさんだったわ。

Hさんは、かつての職場での同僚。
某省庁の地方事務所で、委託職員として事務をやってたんす。
私より5.6歳年上のお姉さんだけど、
委託職員仲間の中では、一番ウマが合ったというか、話しやすい人だったかな。
彼女は、学生の頃から英語に興味を持ち、留学なんかもして、
社会人になってからもワーキングビザとかでカナダに1年間行ったりしてて、
その時に知り合ったカナダ人男性と恋仲になり、
彼女が日本に帰国した後には、彼が日本に渡ってきて、
こちらで結婚して二女をもうけたけども、
一家4人で7.8年前にカナダに行ってしまった。
その後も年賀状(ってか、クリスマス&ニューイヤーカード)の
交換はしていたんだけども、数年前からそれもなくなり、
すっかり音信普通になってしまっていた。

それが、
「何度か引越ししたりPCが壊れたりしているうちに、
連絡できないままになっていたけれど、
先日探し物のついでに大掃除していたら
思いのほか連絡先等の書かれたメモが出てきて、
懐かしくなって思い切って連絡してみました。
今月下旬に、3年ぶりに2週間ほど帰国するので、
その時会えないかしら」

との事で。

ま~、思いがけなくも、懐かしいやら嬉しいやら。
2週間という限られた日程の中で、
秋田に住む妹さん家族を訪問したり、
父上の80歳の誕生祝をやったりと、忙しそうだけども
会えたら私も嬉しいわ~。

でね、
「来週には色々まとめて買い物に行くので、
欲しいものがあったら遠慮なく言ってね」

というのだけども、特に海外土産として欲しいものもなかったので、
FAXの返信としてメールを入れたときには、
あえて土産リクエストには触れなかったんだけど、
さらにその返信メールで、
「で、こちらから欲しいものは?」と再催促されてしまった

とは言われても…。
海外ブランドにもほとんど興味はないし、
今の時代、大抵のものはネットで手に入るので
(お気に入りのニナリッチの香水なんかも楽天で安く売ってるし)、
「ぜひこれを買ってきて!」なものって、思い浮かばないわ

Hさんの気持ちは嬉しいから、何かリクエストしたいとは思うんだけど、
さて、困ったぞい。

困った時には、皆様のお知恵拝借。

Q;あなたが、カナダ(に限らず海外)土産で欲しいものは?

やっぱ、マカダミアナッツチョコか?←却下


結構でございました?

昨日・今日は、ぎゃ坊の修学旅行でございます。
行き先は日光。←これからは「結構」と言って良し

1ヶ月くらい前から、日光についての『調べ学習』ってのをやってて、
キャンパスノートに調べた事を切ったり貼ったり書いたりして、
バスの席順やら持ち物やらの事も貼り付けられて、
やたら分厚い『修学旅行のしおり』を作成していた。
ものすごく楽しみにして、指折り数えて
ワクワクってより、ジリジリしながら出発の日を待っていた。

出発前日には、同じ班のバスレク担当の男の子が
ちゃんとレクの用意を持ってきてくれるかってのが
気になって気になって気になって、
心配で心配で心配で、
夜、その子んちに電話かけて確認までしてたわ。←いい迷惑

お天気は、二日間とも曇り
予報では雨マークもちょっと付いてて
ほ~ら、やっぱり」とか思ってたけど、
栃木方面は何とか降らずに済んでいるようだ。
ってか、むしろ今日はけっこう晴れてるっぽいわ。←要所要所のライブカメラで確認
(東京・千葉は、今日午前中 一時的にけっこう降ってて その後も曇ってるけど)

修旅@日光駅前 東武日光駅前のライブカメラを見ていたところ、
 おそらくこの【駅前に行列している黄色い学童帽の群れ】が
 そうなんじゃないかと。
 観光センターで昼食後、日光市内を散策しながら駅前まで歩き、
 13:45にバスで駅前を出発って予定だったから
 ちょうど時間的にこの行列かな?と。
 なんつって、全然違う学校の団体かもしんないけど


今頃は帰りのバスの中ね。
15時っていうと、ちょうど途中のPAで休憩している頃か。
学校着が16:30の予定だから、家に帰って来るのは17時頃かな。
学校まで迎えに行くお母さん方もいるようだけど、
あたしゃ全く行く気なし



ところで、ぽよんの同級生ママから、ちょっと腑に落ちない話を聞き及んだ。
ぽよんの同級生には、ぎゃ坊と同い年の兄姉がいる人が多い。←我が家を含めて5人
それぞれ違う小学校なんだけど、同じ市立だ。(あ、1人だけ隣の市だ)
で、某小学校では、今年から修学旅行(と、5年生の宿泊学習)が
2泊3日になるんだってさ。
それを決めたのは、今年赴任してきた校長の一存らしい。
「1泊2日なんて、行って帰って終わりで、意味がない。
行くなら2泊だ」

って事で押し通したらしいが…。

え~、そういうのって有りなの?ズルくね?
遠足とか修学旅行の内容って、同じ市内の公立学校では
足並み揃えるもんだと思うんだけど。

そしたら、また別の小学校は、1泊2日@日光はうちと同じだけど、
ノーマルにバス旅行のうちの小学校と違って、現地集合らしいわ。
おいおいおい、現地集合って、まさか親が日光まで送ってくのか?
いやいや、そうぢゃないらしい。
子ども達を何人かずつのグループに分けて、
それぞれで現地までの行き方(電車の路線図・時刻表等)を調べて、
特急に乗るとか、各駅停車にするとか、途中でどっかに寄るとか、
自分達で計画して、切符を購入して、
【何時までに日光駅に集合】って形らしい。
ふ~ん。学校によって、色々なんだわねぇ。

でもやっぱり、2泊3日ってのは妬ましい羨ましいぞ。
1泊なんて、あっという間にもう帰ってきやがるもんな。ちっ ←そこかッ


寒くて暑い運動会。翌日は疲労困憊。

昨日の土曜は支援学校の運動会。
金曜はやたら暑くて、土曜はそれ以上に暑くなるって予報だったので
ぽよんも半袖Tシャツ一枚で学校へ。

しかし、寒いぞ。
前夜遅くの雷雨の影響か、まだ雲が取れきっておらず、
どんよりしていて風は冷たく、今にもまた降り出しそう…。
学校に、ぽよんの薄手のパーカーがあったので、
運動会が始まる前に、先生がそれを羽織らせてくれていたが、
私とぎゃ坊は半袖Tシャツだけで寒みぃ寒みぃ

ちなみに旦那は、心療内科の受診は先週に繰り上げていたんだけど、
昨日は月1回の資源回収の日で、
1年半に1回まわってくる当番に当たっていたので、
そっちが終わってから学校に来る事になっていた。

そんだけ寒かったにも関わらず、10時半頃から急に晴れてきて
一気に暑くなってきた
しかし、ぽよんはずっと長袖パーカーを着たまんま…。
せんせー、もう脱がせてやってくんさいよ
結局、お昼になるまで、ずっと長袖を来ていたわ。←お弁当タイムに私が脱がせた

運動会は、毎度の事ながらゆる~い雰囲気
ぽよんの競技も午前中に2種目だけで、
私らも時間を持て余してあまりにヒマなので、
ぎゃ坊と一緒に1キロほど先にあるコンビニまで
散歩がてら買い物に行ったりして時間を潰したわ。

ぽよんの競技も、今年はビデオカメラでの撮影はせず。
デジカメの動画で済ませてしまった。
ビデオで撮っても、後でちゃんと見ることってほとんどないし、
それならデジカメ動画をPCに保存した方が、まだ見る機会が多いから。
デジカメだと、ズームはあんまり出来ないから表情のアップとかは無理だけど、
ぽよんがマッハぽよ号で歩く様子は一通り撮れたので、
それでいいや。
動画撮影中は写真は撮れないけど、
先生が撮ったものを後で1.2枚程度はもらえるだろう。


んで、今日は午前中、私は自治会定例会に出て、昼前に帰宅して、
まだ寝室に放置されているぽよんを 旦那に起こしに行ってもらったらば…。
(ってか、とっくに起きてはいるんだけど、
2階に置いておく分にはベッドの上で大変おとなしくしているので、
いつも休日は昼前まで寝室に放置している
寝室に入ったとたんに「うおおっ!おぽよ!!」という
旦那の叫びが。

お昼の支度を中断して私も寝室に行くと、
階段を登っていく途中から、何とも香ばしい匂いが・・・。
寝室に入るとキョーレツな匂い。
オムツからはみ出した軟らかがパジャマにベッタリくっつき、
ウン染みが、シーツ・汗取りパッド・敷き布団・綿毛布にまで

昨夜、3日分溜まっていたが、自力ではどうしても出なくて
例によって浣腸したんだが、栓は抜けたものの不完全燃焼っぽかったので
ラキソベロンを多めに飲ませたんだが、
それがテキメンに効いたみたいだわ。

ぽよんをハダカに剥いて、シャワーを旦那に任せ、
私は汚れ物の洗濯に取り掛かった。
敷布団は、普通サイズのではなく、薄いジュニアサイズの布団なので
シーツなんかと一緒に洗濯機で一気にジャブジャブ

前日の運動会応援なんかより、ずっと疲れたわ
そろそろ乾いた頃かしら~?取り込まなくちゃ。
↑今日もピーカン晴れで良かった。


弁当もトレーニングも面倒@ダメ人間

本日、市内小学校陸上競技大会。
6年生の運動部員全員と、4.5年生の正選手・補欠選手が
朝っぱらから学校集合して自転車で市営グラウンドに行ったわ。

今年1月から運動部に入部したぎゃ坊も、
とりあえず今も部活は辞めずに続けているので、
弁当を持って行きました。
もちろん、補欠にも引っかからない応援要員だけどね

そう、弁当なのよ~
ああメンドクサッ!!
しかも、今日だけぢゃなく、今日が雨だった場合の予備日の明日の分も、
給食は止められているので、明日もまた弁当だ。ちっ
↑運動部員以外は給食


運動といえば…。
市営のトレーニングルーム、去年の6月以降、丸1年サボってるわ。
いったん行かなくなると、再開するのは気力が要るのよねぇ
そんでも、最近また徐々に体重が増加傾向なので、
3.4.5月のクソ忙しさもちょっと落ち着いてきたところで、
今月は1年ぶりに通ってみっか、と思っている。
…いるんだが、やっぱり昨日も今日も行く気にならな~い
サボリ癖が骨の髄まで

先週は、「1日からさっそく行ってみよう」と思ってたんだが、
昨日は、「まだ1日だしなぁ。
いきなり6月に入ったばかりの初日から行かなくてもいいか。明日行こう
と思い、そして今日は、
「そういや、トレーニングルームのある体育館の隣が、市営グラウンドなんだよなぁ。
陸上競技大会の子ども達とか先生とか応援の親たちが
いっぱいいるんだろうなぁ。
バッタリ行き会ったりしたら面倒だわ
という気分がムクムクと。

あ、お隣さん、夫婦で応援に行くのかな?車を出してるわ。
↑子ども(ぎゃ坊の同級生)が選手として出る


そんなわけで、明日はランチ(withりのあさん)に出かけるので、
明後日から頑張るわ。
た、多分?


浅草にて。

さっき、テレビで見たんだけど。
松屋浅草の屋上遊園地とか7階レストラン街とかが、
5月末日の昨日で営業終了ですって?
ビックリ
だって昨日、その松屋浅草に行ったんだもーん。
しかも、件の7階レストラン街
どこにも、『本日をもって閉店します』なんて出てなかったような…?
食事することだけに気を取られてて気づかなかっただけか?
↑メニューサンプルにしか目が行ってなかった

4階~6階までは何ヶ月も前に閉鎖されてたらしい。
どうりでエレベーターが3階から上は7階まで直通運転になってたわけだ。
まったく事情を知らずに、買い物目的ではなく、
食事目的だけで立ち寄ったんで気づかなかったわ。

んじゃあ、今後、浅草に行ったらどこでメシを食おう…。
いつもここで食べてたんだけどなぁ。(東武浅草駅から直結で便利)


浅草には、年1.2回、母と行くんす。
昨日は、伯母(母の姉)と従姉も一緒に総勢4人で。
目的は浅草っつーより、そのちょい先の日本橋方面の問屋街。
素人お断りの店が多いが、うちの実家が商売をやっているので、
(衣料品関係の店ぢゃないけどさ)
顧客サービスとしてエプロンやら靴下やらを配ったりするんで、
問屋街の某店舗ビルで会員になっている。
で、同行者も買い物OKなんで、
娘や親戚や知り合いのおばちゃんなんかが、
その都度 金魚の糞としてくっついて行くわけだ。

昨日も、夏物のTシャツとかカットソーとか買いまくったわ。
↑自分の物ばっかり
あ、旦那にもトランクス5枚セットとか買ったわ。
子ども服は扱ってないのが残念。
モノが良くて、安いから(市価の半額)嬉しい。
特に、パンツ類は、ストレッチ素材のデニム地ですんごく穿きやすくて、
尚且つ小洒落たデザインのものが揃っている。←しま○らとかジャ○コには無い
ただし、本来、小売の店ではないので、試着ができないのが難点。
すごく気に入って買って来たはいいけど、着てみたらイメージが違うとか、
サイズが合わなかった とかの失敗もありがちっす。
去年の秋に買ったコーデュロイのパンツはキツクてダメだったわ


 | HOME | 

プロフィール


庵主; シャナ

Author:庵主; シャナ
『毘盧遮那庵』へようこそ♪

 ぎゃ坊・大学1年
 ぽよん・特別支援学校 高1
  (最重度精神運動発達遅滞)
ふたりの子供に悩まされながら
テキトーな日々を過ごしている日常。

     美人妻


ポチッとしてみてね


障害児のための検索エンジンに 登録しています。

  •      障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ
  •      天使のWEB検索


カレンダー


05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブロとも一覧



ゆりえと愉快な仲間たち

二階から垂れ幕


ブログ内検索



リンク


このブログをリンクに追加する


RSSフィード