スニーカーに関する情報
ごあいさつ 2006.12.31 (日)
ま~た、かなり期間限定なテンプレを選んじゃったわ~。
あははは(笑ゴマ)

そんなわけで(ムリヤリな承前)、
今年はこのブログを始めたお陰でたくさんのお友達と出会えました。
悩みを聞いてもらったり、
愚痴を聞いてもらったり、
浮かれポンチを聞いてもらったり、
色々な恥部をさらけ出してしまったわ。

そんなこんなを振り返りつつ、
お手々のシワとシワを合わせてシワ合わせシ・ア・ワ・セ
てなところで、2006年の〆とさせていただきます。

皆様、良いお年を!&来年も仲良くしてね~
ごあいさつ 2006.08.16 (水)
現在小学校2年生男の子と、学年で言ったら年中さんに当たる女の子がいます。

男の子=ぎゃ坊(のだめ?)
この子は赤ん坊の頃から癇の虫が強く、いまだに感情の起伏が激しくて、色々と人一倍手のかかるヤツなのだ。
1歳半健診や3歳児健診の時も、他の子に比べて段違いに落ち着きがなく、泣き出すと手がつけられなくて、その頃の私は「この子はもしかしたらADHDとか何らかの障害があるんではないか?」と真剣に思ったりしたものでした。
保育士の友人に相談したら「いやまぁ、この位のきかん坊の子はわりといるよ~。性格だよ」と言われ、「そうなのか…」と思いつつ、心のどこかでは「やっぱり他の子より感情のコントロールがヘタだし、手がかかる。でもそれも性格なのか?」と葛藤がありました。
幼稚園、小学校と年を重ねるにつけ、ちょっとずつ自分を抑えることも覚えているようだけども、まだ時々「もしかして…」という思いが頭をよぎったりします。
まぁ、学校ではそれなりに過ごしているようだし、あまり深く考えず、こういう個性の子なんだと思うようにしてるけど。
あんまりぎゃーぎゃーうるさいから、名前は「ぎゃ坊」だ!(笑)

そして、女の子=ぽよん(宇宙警察?)
実は、ぎゃ坊が3歳の時に生まれたぽよんにこそ、障害がありました。
生まれた時は2545gで、とりあえず未熟児ではなかったものの、身長は42センチで他の新生児よりも一回り小さい感じでした。
母乳も吸うのがヘタで、ミルクもあまり飲まないし、飲んでも吐いてばかり。
でもその頃は、特に異常があるは言われず。
それでも、半年たってもミルクを吐くし、色々な面で明らかに発達が遅いので、かかり付けの小児科の医師に相談したりして、8ヶ月の頃、大きな小児医療センターで診てもらいました。
その時に、特に検査などはしないで問診・触診だけだったのだけど、「先天的な智恵遅れがありますね」と言われました。
で、色々その医師と話はしたのだけど、その医師がちょっとクセのある人で、あまりいい印象はもてず、結局その後は違う病院にお世話になっていますが。

1歳半の頃に染色体や脳のMRIなどの検査をしたけど、異常は見つからず。
原因不明の先天性精神発達遅滞ということです。
療育手帳は重度のA1判定、身体障害手帳では1級になってます。

見た目はごく普通の子どもなんだけど、4歳5ヶ月の今、身長は84cm・体重は12キロと、2歳児くらいの大きさです。
意味のある言葉はまだ出ません。
座位が自力で保てるようになったのは1歳の頃。
4歳の誕生日頃からズリバイみたいなハイハイを、ほんの少しするようになりました。まともなハイハイをするのはいつになるやら…。
歩くのは まだまだ先が見えない。
おもちゃを手に持って遊んだりする事もない。ちょっと手にして、すぐ離しちゃう。接触過敏があるらしい。
だからご飯を食べるのも全介助。食い意地は張ってて、すごい食欲旺盛なんだけど、自分で食べようとはしないんだなぁ。
でも笑顔が恵比寿様みたいで福々しくて、癒されるのだ。

年齢からすると小さいけど、赤ん坊の頃から(ミルクを吐いたり離乳食がなかなか始められなかったりしたわりに)コロコロと丸い体型で、だから名前は「ぽよん」だ!

    *~*~*~*~*~*~*~*~*

えらい長い文になったなぁ。
読んでくれる人がいたとしても、途中でイヤになってるかもね(^^;;
ごあいさつ 2006.08.14 (月)
【びるしゃなあんのにちじょう】と読みます。
毘盧遮那とは…大乗仏教で、蓮華蔵世界に住し、その身は法界に遍満し、身光・智光の大光明で全宇宙を照らす仏。真言宗では大日如来、天台宗では法身仏、華厳宗では報身仏をさす。(Yahoo!辞書より)

…などというウンチクはどうでも良くて(罰当たりな!)、早い話、源義経が好きなんです。
義経の鞍馬寺時代の名前『遮那王』が毘盧遮那仏から来ているので、このブログ名に頂戴した…と、実に回りくどい経過があります。

それで私のHNもシャナなわけですね。
ちなみに、「シャナ」とは我が愛犬(黒ラブ・11歳)の名前でもあります。
本当は、まんま「遮那王」なんですが、恐れ多くて普段は「シャナ」「シャナ助」と呼んでおります。
そして「毘盧遮那庵」はシャナ(▼・w・▼)の犬小屋に付けた名前だったりします。

何も分からないなりに、とりあえずやってみるか…という気持ちで開設したブログ。
日常の記録を自己満足的にツラツラと綴っていってみようかな と思います。